KIYOラーニング、オンライン資格講座「通勤講座」の名称を「STUDYing(スタディング)」に変更

KIYOラーニング株式会社は 2018年12月19日より、オンライン資格講座「通勤講座」のブランド名称を「STUDYing(スタディング)」に変更した。

ブランド変更の背景

「通勤講座」は2008年の開講以来、3万人以上の顧客に受講され、今年で10周年を迎えた。

10年を節目に「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」というミッションを念頭に、これからの10年の成長戦略や自社が提供する価値とはなにか、について改めて深く議論を行った。

その結果、同社は、自社の価値をスキルアップしたくても実現できていない人々に対し「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段を提供することで、人々が「可能性を現実に」する支援をすることを事業の核に定義した。

そのため、より多くの人々から安心して選んで頂ける「資格講座のスタンダード」を目指すこととし、このたびブランド名称を「STUDYing(スタディング)」に変更することにした。

ブランド名称とロゴに込めた思い

人は「学び続ける」ことで、誰もが可能性を最大限に発揮できる。同社は「学び続ける人」を「応援し続ける」という思いを込めて「学習」と「継続」を表す「STUDY」+「ing」という名称にした。

ロゴについては「D」の文字がアイコンになっており、動画による学習促進と、前に向かって成長し続ける原動力をイメージしている。

ブランドステイトメント

スタディングのミッションとして、「学習を通じて、人々の可能性を最大化する」を実現するために、「最も『学びやすく、わかりやすく、続けやすい』学習手段となる」ことをビジョンとして目指す。

スタディングが提供する価値

スキルアップしたい・・ ・でも忙しくて実現できない。多くの人が抱えるこんな悩みを、スタディングは解消する。
長年にわたって蓄積した効率的な学習法を元にした分かりやすい講座と、ITによる革新的な学習ツールを掛け合わせて、以下の価値を提供していく方針だ。

  • いつでもどこでも学べる
  • 分かりやすい
  • 効率的に学べる
  • 続けられる
  • 成果を出せる高いコストパフォーマンス

スマホ時代のeラーニング講座「STUDYing(スタディング)」とは

スタディングは、短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究することで開発したオンライン講座。 従来の資格講座とは違い、忙しい方でも効率的に勉強ができるように、スキマ時間を活かした学習に最適化されている。現在、3万人以上の方が受講され、毎年多くの方が短期間で合格を果たしている。

ビジネスパーソンの資格取得の悩みを解決する特徴

  • 短期合格者の学習法・・・・・ 10年以上改善を重ねてきた効率学習法
  • スキマ時間で学べる・・・・・ スマホ、PCなどでいつでもどこでも学習できる
  • TV番組のような動画講座・・・図表を多用した動画講座で初心者でも分かりやすい
  • 充実した問題練習・・・・・・ 動画を見た後に、最適な順番で出題される機能搭載
  • 高いコストパフォーマンス・・ 本格講座をオンライン化することにより実現
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録