立命館大学とドコモgacco、gaccoにて「京都からおくる日本史研究の最前線」を開講

立命館大学と株式会社ドコモgaccoは、ドコモgaccoが運営するIT環境があれば誰でも無料で受講できる大規模公開オンライン講座「gacco(ガッコ)」にて、「京都からおくる日本史研究の最前線」を2019年2月14日(木)より開講する。また、受講者募集は12月12日(水)15 時より開始する。

まずは、古代史。大化改新、壬申の乱、長屋王の変、藤原広嗣の乱、恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱、藤原種継暗殺事件、と7世紀から8世紀の有名な争乱と異変が新たな切り口で描きなおされる。

中世は、摂関政治、院政、平氏政権、鎌倉幕府、保元の乱、承久の乱、と有名な政治制度と争乱。これも武士の時代と見られている中世を、貴族社会から見てみようという視点を変えた面白い趣向となっている。

つづいて近世(江戸時代)。鎖国で外国との交流が断たれている時代と考えられがちだが、これを見なおしてみようという意欲的な試みだ。

そして最後が、近代。これはマリア・ルーズ号事件、教科書疑獄事件、司法官弄花事件、万歳事件、近文原野土地収奪事件、満州国国立競馬場創設など、あまり知られてこなかった事件が並ぶ。そこから現代の日本に直結する、日本史像が描かれている。

講座概要

講座名

京都からおくる日本史研究の最前線

内 容

日本史の古代から近代まで、各時代の個性豊かな専門家が、今ホットな研究の最前線をコンパクトに紹介する。暗記中心の歴史とはまったく違う世界の日本史を紹介する。

  • 第1週 争乱と異変の日本古代史
  • 第2週 中世政治史の謎にせまる
  • 第3週 最新近世史の世界
  • 第4週 現代日本の抱える「闇」を解き明かす ー知られざる歴史的事件からー

学習期間

4 週間程度(週 2~3 時間程度)

受講申込先

受講方法・受講申込などは、以下のホームページを参照

https://lms.gacco.org/courses/course-v1:gacco+ga126+2019_02/about

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録