ロイロ、ロイロノート・スクールに新機能を実装。「シンキングツール大研修会」を開催

株式会社ロイロは、この冬、思考力の育成につながるロイロノート・スクールの新機能を発表する(2019年3月頃予定)。ロイロノート・スクールは、シンキングツールを実装し、思考力育成に力を入れていく。

思考力の育成が重要視される昨今、同社では、子どもの思考力を育み、表現できるツールとして、日本におけるシンキングツールの第一人者の関西大学・黒上教授とともにデジタル・シンキングツールを開発してきた。

これまでは主に紙の上で行われてきたシンキングツールでの活動が、ロイロノート・スクール上でできるようになる。

画面上で図やアイディアを操作することができるため、思考スピードを妨げることなく、子どもの思考がよりダイナミックに展開されていく。

シンキングツール機能をはじめとする、ロイロノート・スクールの大幅アップデートに伴い、〈シンキングツール 大研修会〉を2019年3月21日(木・祝)、大さん橋ホールにて開催する。横浜の美しい港が一望できる会場で、600人の教育関係者が集う大規模なイベントだ。

ロイロノート・スクールとシンキングツールの基礎から授業づくりに役立つ新機能の使い方やそれを活かした授業デザインに至るまで大いに学べる絶好の機会だ。

現在、ロイロノート・スクールを利用している方はもちろん、これからロイロノート・スクールを始めようと考えている方、これまで紙でシンキングツールを使われてきた方やシンキングツールに触れたことのない方など、どのような方にとっても驚きと感動が待ち受けている研修会となっている。

シンキングツール 大研修会

日時・場所

  • 2019年3月21日(木・祝)
  • 横浜 大さん橋ホール 〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4

当日の流れ

  • 9:00 受付開始
  • 10:00 セッション1 ロイロノート 操作説明 & シンキングツール体験
  • 11:00 セッション2 共通課題での授業設計ワークショップ
  • 12:00 お昼休憩
  • 13:00 セッション3 校種・科目ごとの授業設計ワークショップ
  • 15:00 セッション4 各校種グループでのレビュー
  • 18:00 ピアレビュー & 交流会

申し込み方法

こちらのWebサイトより申し込み

https://loilonote.doorkeeper.jp/events/81904

シンキングツールについて

シンキングツールは、「考えをつくり出す」ことをコンセプトとした、「考えること」を助けるツール。

「比較する」「多面的に見る」「関連づける」といった考えをつくり出す手順を「思考スキル」とし、シンキングツールは、考えを進めるうえでの手続きやそれをイメージさせる図として定義づけられる。

思考スキルに応じて、「ベン図」「フィッシュボーン」「イメージマップ」などのシンキングツールを使い分け、アイディアを書き出すことで、考えるプロセスを可視化することができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録