グロービス経営大学院、オファー型新卒採用サービス事業のi-plugに出資

グロービス経営大学院は11月29日、オファー型新卒採用サービス事業を展開する株式会社i-plugへ、2000万円を出資した。在校生または卒業生が起業したベンチャー企業を対象とする投資プログラム「GLOBIS Alumni Growth Investment」の2件目の投資案件となる。

グロービス経営大学院では、近年、在校生や卒業生が起業したベンチャー企業が、投資家から出資を得て成長を加速させている事例が増えている。こうした動きを後押しし、在校生や卒業生のベンチャーと、長期的に共に成長していくことを目指し、2018年10月にG-Growthを開始した。1件目の投資案件では、BizteX株式会社へ、2000万円を出資している。

i-plugは、「入社後3年以内に約3割が早期退職してしまうという、雇用のミスマッチを解消する」ことをビジョンに掲げ、2012年10月に企業からオファーが届く就活サービス「OfferBox」を開始。導入企業は4500社を超え(2018年11月時点)、登録学生は2019年卒の学生では10万1000人となり、就活生のおよそ4人に1人が利用するサービスに成長している。

学校法人グロービス経営大学院の母体である株式会社グロービスにおいても、近年、i-plugと合同で採用関連セミナーを開催している。今回のグロービス経営大学院による出資は、セミナーの合同開催をはじめとするグロービスとi-plugの業務提携関係を、一層推進していくものだ。

「i-plugはグロービス経営⼤学院の卒業生3名が在学中に出会い、起業したベンチャー企業です。グロービス経営⼤学院のビジネスプランコンテスト『GLOBIS Venture Challenge』では特別賞を受賞し、中野智哉社⻑は、公認クラブ活動『グロービス・アントレプレナーズ・クラブ』の代表も務めるなど、グロービス・コミュニティの中核的なメンバーとして大きな役割を果たしています。活躍する卒業生を表彰する『グロービス アルムナイ・アワード』では、山田正洋取締役 兼 CFO、田中伸明取締役 兼 CHROと共に、創造部門での受賞に輝きました。i-plugの⻑期的な成⻑を通じて、多くのグロービス在校⽣・卒業⽣のロールモデルとなることを願っています。」

グロービス・デジタル・プラットフォーム マネジング・ディレクター/グロービス経営大学院教員 井上陽介氏