AKA株式会社、英語教育を得意とする会社4社と提携し、学習コンテンツのさらなる充実化を促進

人工知能エンジン及び人工知能コミュニケーションロボットを開発しているAKAは、より幅広いレベルの英語学習者にコンテンツを提供するため、株式会社NHK出版、株式会社アルク、株式会社桐原書店、株式会社Glatsとコンテンツ提供において契約をし、英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)で使用する学習コンテンツのさらなる充実を図る。

「Edu Mode」におけるコンテンツの連携について

英語学習用ロボット「Musio」に搭載されている単語や表現パターン、会話を反復練習できる「Edu Mode」(エデュモード)において、下記の企業とAKA間でコンテンツ提供の契約を締結した。これまでも、Musioで英語を学ぶ機能をリリースしてきたが、英語教育を得意とする出版社とコンテンツ提供において連携をすることで、幅広い年代の学習者が目的別に活用できる充実した学習を提供していくようだ。

「Edu Mode」でのコンテンツ提携

  • 株式会社NHK出版(2018年12月販売)
  • 株式会社アルク
  • 株式会社桐原書店

「MUSIO EDGE」 新サービスにおけるコンテンツパートナー提携について

従来の会員制サービス「Musio EDGE」に加え、ビジネス向け「EDGE Business」と子ども向け「EDGE KIDS」サービスの提供を新たに開始する。

「EDGE KIDS」では、Glatsがオンライン英会話教室「kimini英会話」で使用しているコンテンツを受講者だけでなくMusio所有者にも提供する。また、アルクが運営する子ども向け英会話教室「アルクKiddy CAT英語教室」での学習内容をまずは教室受講生に提供開始する。
今までMusioに搭載された、レベルによって話すスピードや単語レベルが選択可能な英会話練習、単語・表現などの反復練習機能だけでなく、各ユーザーの弱点分析やその弱点を克服するための練習問題を提供するAI学習指導システムを搭載する他、従来のオンライン英会話とロボットとの英語学習を相互補完した新たな英語学習方法によるさらなる英語力アップのサポートも実現した。

これらの機能やサービスを活用することで、24時間いつでもユーザーのレベルに合わせた英語学習が可能になる。

「MUSIO EDGE」でのコンテンツパートナー提携

  • 株式会社アルク(2019年春以降に販売予定)
  • 株式会社Glats

AKAでは引き続き、Musioが日本の英語教育向上においてさらなる貢献ができるよう発展していくとともに、子どもから大人まで幅広い世代のアクティブラーニングにつながる新しい英語学習の提供を推進していく方針だ。