中央出版とロボット科学教育が合弁会社を設立

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社と全国でロボットを題材とした教育カリキュラム「Crefus」を展開する株式会社ロボット科学教育が共同で出資し合弁会社「CREFUSマーケティング株式会社」を設立することを発表した。

運営する教室事業を拡大する目標実現を加速させるため、フランチャイズ事業を積極的に展開していく方針だ。

合弁会社の概要

  • 会社名:CREFUSマーケティング株式会社
  • 設立日:2018年11月(予定)
  • 所在地:東京都世田谷区玉川3-20-13
  • 代表取締役:鴨志田 英樹(株式会社ロボット科学教育 代表)
  • 資本金:3,000万円

事業の目的

  • フランチャイズ事業の運営開拓
  • 自治体・学校等に対する教育補助等のカリキュラム提供
  • 教育関連の大会・検定の促進及び実施
  • ロボット教育プログラム、カリキュラム、テキスト、マニュアルの開発及び作成・販売

合弁会社設立の背景および目的

全国での教室運営のノウハウをもつ中央出版と15年前よりロボット及びプログラミングを通じた理系教育カリキュラムの構築、運営を行ってきたノウハウをもつロボット科学教育の共同事業。

フランチャイズ募集による教室事業の拡大、また幼稚園、保育園、小中学校へのカリキュラム提供を行うことで日本におけるSTEM教育の成長に貢献することを目的としている。