デジタルナレッジ、学習塾の小学校英語に最適なeラーニング「mpi英語プログラム」無料モニター募集開始

導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジは、学習塾向け映像教材「mpi英語プログラム」の発売を記念し、無料モニターキャンペーンを実施する。現在約1か月間、生徒に「mpi英語プログラム」を無料で提供している。

モニターキャンペーン概要

  • 名称:『mpi英語プログラム』無料モニター募集キャンペーン
  • 期間:2018年11月12日(月) 0時~2018年12月25日(火) 24時
  • 対象:小学生向けの授業を行っている学習塾、英語塾など各種教室の方
  • 詳細/申込:https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/17599/

小学校英語の補完教育に最適なeラーニング『mpi英語プログラム』を無料で体験できる。

「mpi英語プログラム」の内容について

いよいよ2020年より小学校英語が教科化される。学習塾等においても小学校英語への早急な対応が求められている。「mpi英語プログラム」は児童英語教育39年の株式会社mpi松香フォニックスとデジタルナレッジでeラーニングのプログラムとして新たに開発した。子どもたちはタブレットとワークブックを使って楽しく学習に取り組み、英語でコミュニケーションをとるために必要な4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」をバランスよく身に付けることができる。学習者のペースで学習を進めることのできる「mpi英語プログラム」は、スタート時期や習熟度に左右されず、学習塾は元より新たに小学生英語教育に参入を検討されている事業者の方をサポートする。

このプログラムの最大の特長は小学生の言語習得に不可欠な音声インプットを重視し、フォニックスを活用して英語4技能を習得できる点だ。公教育で行われ始めた音声インプットが中心の、英語4技能教育に対応した学習塾向けの英語学習プログラムが少ない現状を改善するべく開発、制作に至った。

学習塾業界の大きな悩みと言われている英語指導者不足を解決すべく、従来型の指導者が教えるのではなく学習者が主体的に学べる画期的なeラーニングプログラムに仕上げている。学習者はタブレットを使い「Chants(チャンツ※1)」「Talk(会話)」「About myself(自己表現)」「Phonics(フォニックス※2)」の4つのメニューを毎回のレッスンで学ぶことにより、多量の英語のインプットを実現し、英語らしい発音と共に「聞く」「話す」「読む」力を身に付けていく。加えてワークブックの活用により「読む力」を「書く力」に繋げることで、バランスの良い英語4技能の習得が可能となる。

このプログラムはスタートからゴールまで10級から1級までの10の級立てと120のステップにわかれており、今の自分のレベルを理解しながら、着実に英語の力を身につけることができる。

  • ※1「チャンツ」とは日常的な話し言葉をリズムに乗せて表現したもの。言語のおもしろさを楽しむきっかけになるだけでなく、子どもたちの柔軟な耳を鍛え、英語の音を聞き分けられる耳を育てることができる。
  • ※2「フォニックス」とは英語の「発音」と「文字」の関係性を学ぶ学習法。知らない単語でも耳で聞いただけでスペリングが分かり、正しく書くことができるようになる。