KADOKAWA、フルカラーマンガで楽しく学べる「世界史」「倫理」の学習参考書を刊行

株式会社KADOKAWAは、『大学入試 マンガで世界史が面白いほどわかる本』『大学入試 マンガで倫理が面白いほどわかる本』を10月15日(月)に刊行する。

スラスラ読めるのにしっかり学べる学習参考書

本書は「教科書は面白くない」「覚えることが多すぎる」「流れがつかめない」と困っている高校生を対象にした新しいタイプの学習参考書だ。世界史、倫理をこれから力を入れて学習したい人の最初の1冊として、センター試験対策の基礎固めなど、大学受験の準備をしたい高校生はもちろんのこと、大人の学び直しに最適な作品となっている。

有名な歴史人物のマンガが楽しい

人物にスポットをあてたドラマチックなストーリーだから、感情移入できて記憶に残る。

フルカラーで読みやすい

全編フルカラーで、 歴史上の人物たちをビジュアルでもインプットできる。
​さらに解説文は、大手予備校の実力派講師が執筆。重要なポイントをわかりやすく解説している。

それぞれの流れがわかりやすい構成

世界史は国ごとに古代から現代までをまとめて読める構成だ。時代ごとにあちこちの地域へ話が飛び、断続的で学習しにくい教科書と違い、それぞれの歴史をスッキリ学ぶことができる。

倫理は、哲学者、宗教家同士のつながりを意識した構成に。対立する哲学や同じ系譜の思想なども、体系的に理解できる。

著者紹介

佐藤幸夫(さとうゆきお)/『大学入試 マンガで世界史が面白いほどわかる本』

東京学芸大学中等教育社会学科西洋中世史専攻。1991年より一貫して代々木ゼミナールにて教鞭をとり続ける。基礎から東大までの衛星放送と週3日の新宿・札幌校でのライブ授業で活躍中。“歴史はストーリー”をモットーとして、数多くの歴史遺産を訪れた経験をスパイスに、“流れ”を重視した熱く楽しく面白い講義を展開している。

受験のオフシーズンを利用し、約2か月間の地球周遊を毎年断行。2018年をもって17周を終えた。20年前から大学生中心の世界史ツアーを催行。自分が学んだものを、若者たちにも実際に目で見て感動し、世界への見聞を広げてほしいという思いから始めたこのツアーも、気づけば55回を数える。さらに、2018年からはH.I.Sスタディツアーデスクとコラボした「大人の世界史スタディツアー」の催行を開始。現在の旅歴は97か国約500都市、世界遺産の訪問は285か所。

相澤 理(あいざわおさむ)/『大学入試 マンガで倫理が面白いほどわかる本』

1973年生まれ。東京大学文学部卒。長年にわたり、東進ハイスクール・東進衛星予備校講師としてセンター試験倫理対策講座を担当。現在は、経済格差を打破し、教育の機会均等を実現するため、「学びエイド」(www.manabi-aid.jp)で映像授業の配信を行っている。

著書には、東京大学の入試問題を素材としたベストセラー『歴史が面白くなる東大のディープな日本史』(KADOKAWA)のほか、『センター倫理でびっくりするくらいよくわかる はじめての哲学・宗教』(大和書房)などがある。

書籍概要

『大学入試 マンガで世界史が面白いほどわかる本』

  • 著: 佐藤幸夫 /構成・編集: 沖元友佳
  • 定価(本体1,600円+税)
  • サイズ : A5判
  • 総ページ数: 384ページ
  • ISBN :9784046021748
  • 発売日:2018年10月15日(月)
  • 公式リンク:https://www.kadokawa.co.jp/product/321707000773/

『大学入試 マンガで倫理が面白いほどわかる本』

  • 著: 相澤 理 /構成・編集: 沖元友佳
  • 定価(本体1,400円+税)
  • サイズ : A5判
  • 総ページ数: 288ページ
  • ISBN :9784046022387
  • 発売日:2018年10月15日(月)
  • 公式リンク:https://www.kadokawa.co.jp/product/321710000080/