「資格スクエア」運営のサイトビジット、AIによる宅建士試験出題予測サービスを開発

この度、資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」を運営する株式会社サイトビジットは、平成30年度宅地建物取引士試験に合わせ、日本初となるAIによる試験出題予測サービス「未来問」を株式会社ガウスと提携し開発した。

10 月 9 日(火)より、資格スクエア利用者および一般利用者に無料提供を始める。今年度の宅建士試験は10月21日(日)予定。なお、今後は他試験でもAIによる模試作成を進める予定だ。

宅建士試験は平成29年度の受験者数 20万9,354人と他資格と比べ受験者数が多く、昨今も受験者数が増え続けている人気資格だ。また、震災による復興事業や東京オリンピックに向けた事業による影響で需要が高まっていることもあり業界規模はここ数年伸び続けており、「稼げる資格」として今後ますます受験者数は伸びる予測だ。

日本初となる「AIによる宅建士試験出題予測『未来問』」概要

平成1年~平成29年までに実際に出題された29年分の過去問題1450問を教師データとして学習させ、そこから2段階のプログラムを経て今年度出題されるであろう問題を50問作成する。

まず、1450問の教師データを93カテゴリーに分類し、それら93カテゴリーの年度毎出題数を学習させ、今年度の試験に出題されるであろうカテゴリーを50問予測する。その後、予測したカテゴリーの中から問題をランダムにピックアップする。現在、過去問題をもとに出題予測を繰り返した結果、的中率70%を記録している。

合格判定基準と同率の出題正答率70%

過去の傾向から、宅建は出題される50問のうち35問正解が合格点とされている。すなわち、出題されたうちの70%を正解すると合格できるということ。
これはAIによる出題予測的中率70%と同率。仮にこの的中率が実証された場合、本予測サービスを受けた利用者は実際に出題される試験と非常に近しい問題を事前に体験することが可能となり、合格率はこれまで以上に向上する見込みだ。