トライオン運営の英会話スクール「トライズ」、「TORAIZ Wコーチング&レッスン3ヶ月」を10月1日から受付開始

トライオン株式会社が運営する、集中型のコーチング英会話スクール『TORAIZ(以下トライズ)』は、急増している受講希望者の多様なレッスン期間の要望に応えるため、新たな受講コースとして「TORAIZ Wコーチング&レッスン 3ヶ月(全額返金あり)」を、10月1日(月)から受付を開始する。「W」は、コンサルタントがコーチングするだけでなく、ネイティブ講師の英会話レッスンもコーチング志向であることを示している。

これは、トライズの「1年1000時間で本当にビジネスに通用する英会話力を身につけること」をゴールとするトライズのコンサルティング・コーチング・ネイティブによるコーチング英会話レッスンからなる通常プログラムの内容は変えることなく、学習習慣が身につくまでの最初の3ヶ月を提供するものだ。

集中型のコーチング英会話スクール「トライズ」では、実務に耐える、「話せる」英語力を身につけるため、受講生一人ひとりのゴールに最適化された英語学習サポートプログラムを提供している。専任のイングリッシュ・コンサルタントとネイティブ講師が連携して作るコーチングチームが、個別に受講生の学習支援を行なっており、受講生満足度95.7% 、1年間学習継続率91.0%という実績を持つ。

プログラム概要

「TORAIZ Wコーチング&レッスン 3ヶ月(全額返金あり)」では、専任のコンサルタントによるコンサルティングおよびコーチング6回だけでなく、同社の厳しい選考基準を経た専任ネイティブ講師による受講生一人ひとりのゴールにあわせたコーチング志向の英会話レッスンも36回提供する。(センターでの少人数グループレッスン12回、プライベートレッスン24回)

受講生は、「TORAIZ Wコーチング&レッスン 3ヶ月(全額返金あり)」終了後には、トライズの通常コースを特別価格で継続するか、自主学習で個人的に学習を継続するか、どちらかを受講生の意思で選択することができる。

専任ネイティブ講師によるコーチング志向の英会話レッスン

トライズの英会話レッスンは、他社と全く異なるコーチング志向の英会話プログラムだ。講師は受講生の発音について指摘することや、受講生が使った表現について他のフレーズでの言い換えを教授することは強い希望がない限り行わない。

その代わりに、応用言語学にもとづき、「インタラクション」で第二言語の習得を目指すというアプローチを取る。受講生が英語による会話において自分の英語知識の中から、自分自身で判断して、よりネイティブに伝わる表現でアウトプットする成功体験を積んで行く。このような成功経験を学習期間中に積み重ねることで、ネイティブと英語でコミュニケーションをする際に、非ネイティブ話者としての限界を認識した上で、慌てずに会話できる能力と自信を得ることが可能になる。

同社は、このような実績にもとづき本当にビジネスで通用する英会話力を身につけるためには自主学習によるシャドーイングなどのインプットに加えて、専任ネイティブ講師とのアウトプット演習が必要だと考えている。

トライズは、今後も受講生に最適な英語学習環境を提供し、実務で耐え得る、「話せる」英語力という具体的で確実な結果が出せるよう、あらゆる面からサポートしていく方針だ。