19年4月に開校、N中等部の設立背景やカリキュラムの特徴は

2019年4月に、学校法人角川ドワンゴ学園が「N 中等部」を開校することが9月13日に発表されました。この記事では、その設立の背景やカリキュラムなど、詳細をお伝えします。

「N中等部」が来春都内に開校、N高校のノウハウを生かし中学生の新たな選択肢に

通信制ではなく通学制のN中等部

N中等部は、2016年に開校したN高等学校(以下、N高)と中高一貫のようなかたちで設立されます。N中等部は学校教育法第一条で定められたいわゆる「一条校」ではないため、通学制であり、生徒は別の中学校に在籍しながらN中に通うことになります。角川ドワンゴ学園理事の川上量生(かわかみ・のぶお)氏はこの点について、「ネットの中学をつくりたかったが制度的に認められていないので、通学制としました。N高でも通学制を実施しているので結果が出せると思います」と語りました。

創造性を養う N中等部設立の4つの背景

奥平博一(おくひら・ひろかず)N中等部スクールプレジデントによると、N中等部設立に至った背景には4つの要因があります。

将来必要となる力や考え方の変化

人工知能(AI)の発達など、環境が急速に変化する不確実性の高い社会において、自ら課題を発見し、正解をつくることが求められてきます。N中等部では、中学生が未来をよりよく生き抜くための力や考え方を身につけられるように、創造力や協働力など、社会で必要となる実践的な能力開発の教育を行います。

N高等学校での教育の成果

N高では個別最適型のインターネット学習により高校の必修単位授業を効率的に学習することで、その他の時間を活用して自分の学びたいことの学習や将来につながる体験やスキルを身につけることができます。アンケート調査で8割以上の高い満足度を得ることができているN高の実績と教育ノウハウは、中学生にとって新しい学びの選択肢になります。

既存の学校に不適応な生徒の存在

文部科学省の調査では、中学3年時に約4万人の不登校の生徒がいます。しかし、通信制の中学校が制度上存在しないことから、少なくない中学生が既存の教育制度に不適応な状態であるとも考え、新しい学びの場や機会の実現が必要と考えています。

教育機会確保法の施行

2016年に教育機会確保法が施行され、教育支援センターやフリースクールなどが不登校の生徒にとって「学校を休む」意思を尊重した支援を提供していますが、中学生世代に対しての学びの選択肢は充分ではないと考えています。

これらのことから「IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」という教育理念と、「“創造力”を身につけるために、教養、思考力、実践力をバランスよく育みます」という教育方針のもとでN中は新しい学びを中学生に提供してゆく予定です。

N中等部は「常識を超えて、未来を創る」生徒を育てる「プログレッシブスクール」として「小さい規模からではありますが、新た恣意選択肢となるよう励みたい」と奥平氏は意気込みを語りました。

5つの特長で一人ひとりに合った学習を

為野圭祐(ための・けいすけ)N中等部開設準備室長は、N中等部には5つの特長があると言います。

やりたいことへ向かう実践型授業

生徒が自ら興味のある分野を探求し、気になったテーマの課題を見つけ、解決方法を考える「これが実践型のプロジェクト学習」で、ものごとを多角的に考える習慣を養い、“好きなこと”を“やりたいこと”へ変えます。

主体的に考え行動するためのコーチング

生徒が先生や他の生徒との双方向コミュニケーションを通して自分自身を知り、自発的に目標を定めるコーチングを取り入れます。これによって“創造力”を養います。

自分のペースで先取りもできる個別学習

N中等部ではプロフェッショナル講師による映像授業で、自分のペースで学ぶことができます。中等部時代に大学の受験勉強を先取り学習することも可能です。

創造力を育む多様な学び

多種多様な幅広いカリキュラムを用意しています。自己認識や対人関係など、生きる力を学ぶライフスキル学習から、プログラミング、クリエイティブ授業、リアルなイベント学習などがあります。

ITを活用した学び

社会で生きていくにあたり、仕事でも私生活でもITの活用は欠かせません。N中等部では、最新のパソコン、ITツールを活用することで、情報収集、プレゼンテーション、ネットワークなど、社会で求められるスキルを養うことができます。

創造力を養う3つの中高一貫教育

さらに、N中等部ではN高につながる以下の3つの一貫教育をカリキュラムの基本として、6年間を通して創造力を育成します。

探究学習

感情・思考トレーニングやチームワークトレーニングなどを行う「ライフスキル学習」と、ケーススタディを通して課題解決や価値創造を学ぶ「プロジェクト型学習」で構成されます。

先取り学習

学習アプリ「N予備校」を活用して、国・数・英の3教を映像授業で学びます。自分のペースで学習できるため、大学受験に向けた先取り学習も可能です。

プログラミング学習

プログラミングを通して論理的な思考を学びます。興味のあるテーマを自分のペースで学び、仕事で使えるような本格的なプログラミングも学ぶこともできます。

最も重要視されるのは意欲、すでに資料請求を受付中

N中等部は通学生なので教室がつくられます。内装は円形のテーブルなど、生徒の好奇心を刺激し、グループワークに最適なものになるようです。

また、毎日の通学が厳しいという生徒のために、週5以外にも週3、週1のコースも設置されます。1年間の授業日を12期に分け、1期ずつに学費が設定されているので、月謝制に近いといえるでしょう。

N中等部は塾や習い事などとは異なり、あくまでフリースクールのように不登校の生徒を対象にするとのこと。在籍している中学校への出席認定については、申請書類を作成します(認定するかどうかは中学校の判断)。今後、随時説明会などが行われ、来年1月~4月の間に月1回ずつほどの入学テストが予定されています。テストでは筆記、作文、面談などが課され「何を学びたいか」「自分はどうなりたいか」など、意欲が最も重要視されます。現在、すでに資料請求などを受け付け中です。