「N中等部」が来春都内に開校、N高校のノウハウを生かし中学生の新たな選択肢に

N高校の成功を受けて始まる「N中等部」

学校法人角川ドワンゴ学園は、2019 年4 月に「N 中等部」を開校することを決定、9月13日に東京・六本木のニコファーレで発表会が行われました。

説明会では、まず学校法人角川ドワンゴ学園理事でカドカワ株式会社代表取締役社長の川上量生(かわかみ・のぶお)氏がN高等学校(以下、N高)のこれまでと現在について説明しました。

角川ドワンゴ学園が2016年4月に設立した広域通信制高校「N高等学校」(以下、N高)の開校時の生徒数は1,482名でしたが、毎年増加し、現在の生徒数は7,000名を超えます。

一人ひとりの個性や学習ニーズに合った学習システムと、将来につながる多種多様な課外学習機会などが生徒や保護者から好評で、期待が高まっています。

川上氏の説明の途中ではeスポーツの「第18回 アジア競技大会『ウイニングイレブン 2018』」の日本代表で、金メダルに輝いたサッカー部所属の相原翼さん(3年生)も登壇、N高校を選んだ理由や学校生活について話しました。「N中等部」は、生徒や保護者からの「もっと早くN高がほしかった」という声を受けたもので、「常識を超えて、未来を創る。」をスローガンにし、社会で求められる創造力を身につけるために、実践型授業を柱にしたカリキュラムで学習を行う、新しい教育コンセプトの“プログレッシブスクール”と位置付けられるとのこと。

N中等部はN高の教育ノウハウを活かし、新しいコンセプトのもとにつくられるもので、中学生にとっての新しい学びの選択肢となることを目指します。

「常識を超えて、未来を創る。」をスローガンに新たな挑戦

川上氏の発表を受け、学校法人角川ドワンゴ学園常務理事でN高等学校校長とN中等部スクールプレジデントを務める奥平博一(おくひら・ひろかず)氏と、N中等部開設準備室長の為野圭祐(ための・けいすけ)氏が相次いで登壇し、N中等部の概要や教育内容の詳細を説明しました。

N中等部では、「将来必要となる力や考え方」「N高等学校での教育の成果」「既存の学校に不適応な生徒の存在」「教育機会確保法の施行」が背景にあり、N高の教育ノウハウを活かし、キャンパスに通学して、探究学習やプログラミングで創造力を身につけることが可能。

また、プロジェクト型学習やライフスキル学習といった創造力と協働力が身につく実践型授業を中心に、ITツールを活用し、自分のペースで先取りもできる個別型学習で学力をつけます。

カドカワグループのコンテンツを結集し、創造力を育む多様なカリキュラムを学べることも特色のひとつです。

これらの学習の成果をより高めるためには主体的に考え、行動することが必要なことかから、担任は生徒との対話で目標設定と行動計画を立て、その実現まで伴走する「コーチング」を行います。

さらに、N高につながる「探究学習」「先取り学習」「プログラミング学習」の3つを一貫教育カリキュラムの基本とし、6年間を通して創造力を育成。

N中等部は通学型のスクールで、2019年4月に東京都内(新宿・代々木付近)に開校予定。

入学テストは2019年1月以降に行われます。第1回目の説明会は2018年9月29日にN高の代々木キャンパスで開催するほか、個別相談も随時実施するとのこと。

教育界に風穴をあけたN高校の新たな挑戦はどのようになるのか、N中等部の開校は要注目です

※教育内容やカリキュラムなどの詳細については、続報にてお伝えします。

<N中等部 概要>

■開校時期:2019年4月(準備中)

■所在地:東京都内(新宿・代々木付近)

■定員:40名

■年間費用:
・Weekday Course(週5)…64,800円/期
・3 Days Course(週3)…48,600円/期
・1 Day Course(週1)…32,400円/期
※初年度は入学金などの諸経費が別途かかります
※設備管理費が期毎に10,800円かかります
※学校休校日等を除く年間の登校日を12分割したものを1期とする12期制をとっています

■入学資格:小学校卒業、またはそれに準ずるもので、2019年4月時点で中学校に在籍する者