千葉大学が申請した事業「COILを使用した日米ユニーク・プログラム」、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択

千葉大学が申請した事業「COILを使用した日米ユニーク・プログラム」が、平成30年度文部科学省「大学の世界展開力強化事業~米国等との大学間交流形成支援~」に採択された。

事業の概要

本プログラムは、新たな学びの科目をCOIL JUSUプログラムと呼び、米国の4つの大学と連携し各大学から3プログラム、合計12のプログラムが千葉大学に提供され、千葉大学からも同数の12のプログラムを提供し実施する。

合計で24のプログラムを5年間で設置し、終了後も継続的に実施される。米国の大学から提供されるプログラムの例として、シンシナティ大学と地元企業のP&Gが強力に連携した化粧品学を、薬学部や工学部の学生を中心に展開する。

更には、自国の強みを学生同士が教えあうようにすることで、高度なアクティブラーニングを実施する。

千葉大学からは、国立大学で唯一の国際教養学部、看護学部、園芸学部が日本独自のプログラムを提供する。例えば、国際教養学部からは、能・狂言などの古典芸能の授業を提供し、看護学部からは災害看護、園芸学部からは植物工場など、いずれも千葉大学の誇る日本ならではのプログラムを提供する。

養成する人材像

本事業では、ユニークなプログラムを提供し、そこから新たな学びへ興味を持ってもらうことを目的としている。各大学のユニークなプログラムを学習することで、自分の専門にとらわれることのない学びを実現できる学生の育成を目指している。

更には、大学院でより深い学びを実現し、自分自身でニュー・メジャーを創造してもらいたいと考えているようだ。

このニュー・メジャーを創造することができる新大学院を事業期間中に設置(構想中)し、未来の雇用(仕事)を創造することができる学生を、文理混合のセルフ・デザイン・メジャーで育成する。新たな概念の大学院設置で、外国の学生も育成する予定だ。

文部科学省「大学の世界展開力強化事業」とは

国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力、さらには海外とのネットワークを強化するため、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の受入れを行う国際教育連携の取組を支援する事業だ。

今年度は、米国との大学間でCOIL型教育を活用した、単位認定、成績評価などの質の保証を伴う先導的な国際教育プログラムの開発・実施を行う大学に支援を行う。