広島県と金沢工業大学、すららネット運営のイベント「国際平和のためのひろしまアクティブラーニング」にて、最優秀チームが決定

株式会社すららネットが、広島県、金沢工業大学とともに開催したイベント「国際平和のためのひろしまアクティブラーニング」にて、最優秀チームが決定した。

全国60の学校・学習塾から169チームの応募があったなか、最優秀チームに輝いたのは栃木県の学習塾「まんてんキッズ那須塩原教室」に所属する中学生3名チーム「Iラブ那須 チーム Green Jr.」となった。

「国際平和のためのひろしまアクティブラーニング」とは、SNSやテレビ会議システムなどICTの活用により、学年や地域を超えて「平和実現」や「SDGs」について議論するイベントのこと。「課題解決能力」「コミュニケーション能力」「情報リテラシー」などの「21世紀型能力」を身に付けることができる。

「平和な世界を実現するために自分たちにできること」をテーマにしたレポート審査と選抜者によるプレゼンテーション大会の結果、下記チームが表彰された。

  • 最優秀賞(全国第一位)
    栃木県那須塩原市 まんてんキッズ那須塩原教室 チーム名「Iラブ那須チームGreen Jr.」
    井手 はる香さん 君島 萌花さん(2名は中学2年生)大貫 レオさん(中学3年生)
  • 優秀賞(全国第二位)
    長崎県長崎市 真未来塾 チーム名「長崎仲良しLOVERS」
    窄 健裕さん、長谷川 禮さん(2名は中学1年生)齋藤 優輝さん(小学4年生)
  • 優秀賞(全国第三位)
    長崎県長崎市 真未来塾 チーム名「長崎PEACE LOVERS」
    石山 結華さん、野村 ひかりさん、福間 恵さん(3名とも高校1年生)
  • 特別賞
    広島県広島市 広島女学院高等学校 チーム名「あるふぁ」
    鬼木 優里さん、重光 心音さん、中島 望さん(3名とも高校1年生)
  • 特別賞
    広島県安芸郡府中町 安芸府中高等学校 チーム名「espoir」
    金子 美優さん、城 詩織さん(2名とも高校3年生)
  • 特別賞
    広島県東広島市 広島高等学校 チーム名「かりんとう」
    木之下 優奈さん、長谷川 莉帆さん(2名とも高校2年生)

最優秀チーム「Iラブ那須 チーム Green Jr.」は、広く一般の人々の心を動かし、持続可能な社会づくりや平和構築への関心を高める方法として日めくりカレンダーの制作を提案し、実際に制作したカレンダーも紹介しながらプレゼンテーションをした。

審査員からは、人の心を動かすため、日めくりカレンダーの一日一日に書かれた言葉がとことん考え込まれていること、また、「音」を効果的に活用し、伝えたい内容をうまく伝えるプレゼンテーションの工夫がされていることについても高く評価された。

「国際平和のためのひろしまアクティブラーニング」開催概要

  • 主催:広島県 共催:株式会社すららネット、金沢工業大学
  • 開催期間:2018年4月24日(火) ~ 2018年8月18日(土)
  • テーマ:平和な世界の実現に向けて、自分たちができることを提言しよう
  • イベント内容詳細:
    • 4月24日 (火) ~ 5月21日(月):個人の意見を専用SNS「すららチャットマップ」で議論
      テーマについての考察を深めるための議題を毎週設定し独自のソーシャルネットワーキングツールを通じて個人の意見を議論。
    • 6 月 2 日 (土):オンラインワークショップ
      オンライングループワークシステムを利用し、参加者が地域や学年関係なくグループにわかれて課題に取り組むワークショップを開催。金沢工業大学の学生がグループワークのファシリテーターを務める。
    • 5月22日(火)~ 6月22日(金):学習塾や学校で組んだチームでレポート作成・提出
    • 6月23日(土)~ 7月13日(金):優秀チーム審査(6チームを選出)
      優秀チーム発表は7月中旬予定。
    • 8月18日(土):優秀6チームによる最終発表会
      提出されたレポートの優秀 6 チームが広島平和記念資料館メモリアルホールでプレゼンテーションを行い、最優秀チームを決定。