FREE UNIVERSITY、誰でも無料で学べるオンライン教育プラットフォーム「FREE UNIVERSITY」を10月12日に開講予定

FREE UNIVERSITY株式会社は、誰でも無料で学べるオンライン教育プラットフォーム、「FREE UNIVERSITY」を、10月12日に開講する。

配信する科目は、小中高大の授業のほか、スポーツや文化、職業体験から生涯学習、語学や資格試験など、ほぼ全ての教育のジャンルを、2030 年までに網羅し、且つ日本の教育を多言語化して、主に開発途上国に向けて授業を配信することにより、平等な教育機会を全世界に向けての提供を目指している。

開校の背景

日本の良質な義務教育のシステムは、全国津々浦々、どこに住んでいても、同じレベルの教育を提供しており、世界的に見ても類稀なる国家の教育として評価されている。

しかしながら、担任の先生との出会いや地域環境、クラスの状態など、様々な要因が重なり、特定の授業が嫌いになったり、勉強そのものが嫌いになったりと、環境が児童や生徒に与える影響は少なくない。

また、金銭的事由で高等教育やその他の教育を諦めざるを得なかった方々に学びの場を提供することにより、本人が学習意欲さえあれば、いつでも、どこでも学習できる場を提供することも、教育を考え、国家の持続的な発展を願う上では欠かせない要素だ。

FREE UNIVERSITY では、オンラインという環境の影響を受けにくい場所で、金銭的な事由で学習を断念せざるを得ない状態を排他し、無料で授業を配信することにより、全ての人に平等な教育機会の提供を目指している。

もちろん、講師の先生方は、各界のプロフェッショナルが担当するので、先生との出会いで学習が嫌いになるということも防ぐことができる。

FREE UNIVERSITY のビジョン

  • 2018 年 10 月 12 日に開校して以降、
  • 2020 年までに、小中高の基礎教科を網羅
  • 2023 年までに、開発途上国向けの教育プログラム配信
  • 2025 年までに、大学の授業をほぼ網羅
  • 2030 年までに、世界の教育動画シェア 1 位

を、目指している。

サービス コンセプト

FREE UNIVERSITY は、誰でも学べる教育プラットフォームだ。FREE には、3 つの意味がある。

  • FREE(無料)
  • FREE(自由)
  • FREE(無限)

FREE(無料)

FREE UNIVERSITY は、無料で学べる教育システム。YouTube を介して授業を動画配信するので、いつでも、どこでも、気軽に学習することができる。

FREE(自由)

世界情勢や日本社会が混沌としていき、AI による「シンギュラリティ」や「デジタル・ディスラプション」が起きようとしている中、「何も準備しないで、時代に流されていく」のか、「率先的に行動して、未来をコントロールする」のか、どちらを選ぶのも、個人の自由だ。

但し、いくら自由といっても、おカネや生活環境、住んでいる国、ジェンダーなどにより、学べるプラットフォームが制限されてしまうことは、あまりにも社会として無責任。

そんな自由の選択肢として FREE UNIVERSITY があることにより、全ての人が、明るい未来を享受できる社会の創造を望んでいる。

FREE(無限)

人間は、生まれながらにして、無限の可能性を秘めている。子どもから大人までみんなが楽しく学べる教育システムは、全ての人の可能性を無限大に広げる。ただ、きっかけがなかっただけで、「いつでも、どこでも学べる良質な教育システム」があれば、きっと、普段の生活も明るいものになる。その可能性を広げて、メンタルブロックを解除させてあげたいという思いから事業を始めた。

授業などの詳細

FREE UNIVERSITY では、厳選した講師の方に、授業の配信を依頼しており、趣旨に賛同した方に、シラバスの作成や授業内容の構築、授業の撮影などの協力を得ている。

主な講師陣としては、

  • 大手オンライン大学の人気教授
  • 国内大学のベテラン講師
  • 実力派進学塾の代表
  • 元プロスポーツ選手
  • 著名な料理研究家
  • 書道団体会長
  • 日本伝統芸能の第一人者、若手のホープ
  • 期待の社会起業家

などなど、各界の著名な人々から参加の表明を得ている。

カバーする授業の範囲としては、

  • 小学校、中学校、高等学校の授業の全て
  • 大学の授業のほぼ全て
  • 資格試験などの講座ほぼ全て
  • 語学、スポーツ、文化、芸能、料理、日本の伝統などの教養
  • WEP(職業体験:美容師や消防士の1日に密着したり、インタビューを配信するなど)
  • F-Lab (世界中の学生がオンラインで研究開発できるプラットフォーム)

など、様々なジャンルの授業を配信する。授業の一部では、VR を利用した動画配信を実施する予定だ。