学びエイド、K&P パートナーズを引受先として第三者割当増資による資金調達を実施

オンライン学習動画サービスを運営する株式会社学びエイドは、学習塾向け動画配信事業の拡大を加速化させるため、第三者割当増資を実施し、K&P パートナーズ株式会社が運営する投資組合を引受先として、平成 30 年 7 月 18 日に総額 8 千万円を調達した。

学びエイドとは

トップ予備校講師 100 名(『鉄人講師』)の動画講義を配信するサービス。約5分にまとめられた20000本超の動画によりピンポイントの学習を可能にする。

学習塾向け「学びエイドマスター」

学習塾向けサービス「学びエイドマスター」はサービス開始から約2年で630塾に導入。

学びエイドマスターには、参考書と動画を紐づけた「参考書ガイド」や塾運営を円滑にする「生徒管理」、入退出管理システム「登下守」など、学習動画だけではない学習塾のインフラとしての機能も充実している。