日本コスモトピア、「未来をつくる教育フォーラム2018」開催に向け一般参加者の募集開始

「自立学習」用ICT教材を企画・制作・販売をする株式会社日本コスモトピアは、10月14日(日)に、御茶ノ水 ソラシティ カンファレンスセンター Sola City Hall Westにて開催する「未来をつくる教育フォーラム2018」の一般参加者の募集を開始した。

2018年のテーマは、「地域(ローカル)から創造する生涯の学び」と題し、長野での公教育におけるクリエイティブ教育の実践や、沖縄でのキャリア教育の実践に関する事例発表、マルチステークホルダーディスカッションなどが開催されるカンファレンス会場と、子どもたちに触れて欲しい教育アプローチを見学できるワークショップ会場の2会場により構成して開催する。

参加者は、ワークショップやカンファレンスプログラムを自由に見学できる。教育現場の事例や最先端の教育研究を知り、来場者と互いに教育に関するビジョンや考え、思いを共有し、交流することができる。

「未来をつくる教育フォーラム2018」

開催概要

  • 日時:2018年10月14日(日)11:00 ~ 17:00
  • 会場:御茶ノ水 ソラシティ カンファレンスセンター Sola City Hall West(東京都千代田区神田駿河台4丁目6)
  • 参加対象:教育関係者及び子育てに携わる方、教育に興味のある一般の方
  • 参加料金:一般   2,000円
  • 親子参加 2,000円(保護者1名あたり小学生以下の子ども2名まで)
  • 申し込み:公式Webサイト(https://www.cosmotopia.co.jp/forum2018)より、専用フォームから申し込み

「未来をつくる教育フォーラム2018」とは

このフォーラムでは、自立学習、クリエイティブ・ラーニングなど、主体性を引き出す学びに関心のある教育関係者(学校の教職員、学習塾運営者・講師、教育業界に携わる方、子育て中の保護者)などの参加者が一堂に会し、今の子どもたちが社会をリードする2030年に「どんな社会がやってくるのか」を見据えた上で、「どんな能力が今の子どもたちには必要になってくるのか」を考える。

「未来をつくる教育フォーラム2018」カンファレンス会場プログラム

セミナー

  • Creative Learning in 長野:公教育、企業、大学、行政の連携におけるクリエイティブ教員育成とその教員の現場実践(仮題)
  • 「個の確立・尊重」を実現するためのキャリア教育の仕組みづくり in 沖縄 発表:翁長 有希氏(キャリア教育コーディネーター)

第3回子ども白熱会議(子どもパネルディスカッション)

事前審査により選ばれた小学校3~6年生の数名が、社会にある事象をテーマとした議題について、フォーラム当日ステージ上で議論をし、対話を通した問題解決能力の向上をはかるプログラム。

この企画は、これからの未来を担う子どもたちが、自らの意見を表現するだけでなく、議論を通して「共にアイデアを創る力」を養う学びの機会として「子ども白熱会議」を本年も実施するに至った。予め選ばれた数名が壇上に登り、身近にある社会課題・問いについて、自らが思うことを自分の言葉で表現し、他者の意見を聴きながら、登壇メンバーでその課題についてどう向き合うのか、そしてどんな「未来 をつくる」ためのアクションを取るのかについて、白熱した議論が行なわれる。

マルチステークホルダー・パネルディスカッション

教育に携わる各方面のゲストを招待し、新しい教育の形の必要性と、求められる人物像を多方向から議論を行う。本年度のテーマである「地域から創造する生涯の学び」に関連し、その必要性や可能性を探る。

パネリストには、各地域で挑戦されている私教育、キャリア教育、生涯教育など多方面からゲストを招き、多角的な議論を展開していく。

「未来をつくる教育フォーラム2018」ワークショップ会場

この会場では、合計8つのテーマのワークショップが開催され、角度の異なる学びのアプローチを子どもたちが実際に体験をする。

子どもたちが新たな社会で自ら考え、行動できる力を伸ばす具体的な教育アプローチを見学し、参加する子どもたちだけでなく、指導者・保護者の皆さまにとって新たな気付きのチャンスになることにより、双方が学び、成長することを目指している。

本ワークショップのコンセプトは、未来の社会、そして学びの環境において、今の子どもたちに触れて欲しい教育アプローチを、既存の教育のカタチにこだわらずに、プロトタイプとして提案し、発展させる機会をつくることだ。

現在開催予定のワークショップのテーマ(一部)

  • 身近な現象や問題を題材として、数で遊ぶように学ぶ「探究算数」
  • フィンランドのカルチャーに着想を得た大人のための「人生ワークショップ」
  • アメリカで生まれた持続可能な生き方のための「菜園教育ワークショップ」

公募するワークショップのテーマ「未来の社会で活躍する子どもたちが、自ら考え、行動できる力を伸ばす教育アプローチ」をもとに、多くの教育関係者に当日ワークショップを見学してもらい、ワークショップに関心のある人々とつながり、アプローチを広めるための機会を得たい個人や団体を募集している。