レゴ(R) エデュケーション、プログラミング教育の実現に向けたイベントを日本科学未来館で8月20日に開催

ブロック玩具のレゴ社の教育部門レゴ(R) エデュケーションは、8月20日(月)、各自治体教育委員会、小中学校教員を対象とする『レゴ(R) エデュケーション カンファレンス 2018』を、日本科学未来館で開催する。

カンファレンス趣旨

レゴ エデュケーションでは、2009年から2014年までレゴ エデュケーションカンファレンスを開催し、多くの教育関係者にレゴ教材を活用した授業の提案をしてきた。

4年ぶりに開催となった2018年は、「小中学校段階におけるプログラミング教育の実現に向けて」というテーマのもと、2020年小学校での必修化や、すでに必修化されている中学校技術での教育内容追加によって注目が集まっているプログラミング教育に焦点をあて、子どもたちにとって本当に意味のあるプログラミングの授業とは何かを、各自治体教育委員会、小中学校の教員とともに考えていきたいという方針。

カンファレンスの見どころ

今回のカンファレンスでは、レゴ社のプログラミングへの取り組みが20周年となったことを記念し、すでに同社教材を使って何年もプログラミング教育を先行実施されている複数の先生による事例発表、さらに子どもたちを招いた公開授業も実施される。

新学習指導要領を踏まえた授業の体験等も交えながら、理論から実践まで、学校現場でのプログラミング教育の「今」が分かるイベントとなっている。

当日プログラム

  • 文部科学省プログラミング教育戦略マネージャー様による基調講演
  • 製品を使ったワークショップ/模擬授業体験
  • 筑波大学附属小学校教諭、子どもたちによる公開授業
  • 先生方による事例発表、個別相談会

カンファレンス 開催概要

  • 日時    :2018年8月20日(月) 10:00-17:00
  • 場所    :日本科学未来館(〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6)
  • 参加対象者 :各自治体教育委員会、小中学校教員
  • 参加費   :無料
  • 主催    :レゴ エデュケーション
  • 協力    :日本科学未来館
  • 参加予定人数:300名前後

プログラミング学習サービス一覧

オンラインプログラミング学習サービス

通学型プログラミングスクール

子ども向けプログラミングスクール