ロイロ、タブレット導入校の先生がその課題や展望を語り合う「1to1Camp!」を8月1日に開催

株式会社ロイロは、1人1台タブレットを導入している全国の学校の先生がその課題や展望を語り合う「1to1Camp!」を8月1日に開催する。

1to1Camp!は、参加者が自分の話したいテーマを当日に出し合い、テーブルに分かれてディスカッションを行うアンカンファレンスと呼ばれる参加者と共に作り上げていくイベントだ。

前回、今年の1月に東京の聖徳学園にて開催した同イベントは、一般的な講演型やワークショップなどに比べて満足度が高く大好評を博した。第2回目となる今回の1to1Camp!は、関西では初開催になる。

また、このイベントに先立ち、同日同会場の午前11:00から、プレス向けに教育ICTの最新動向やタブレット導入裏話、ロイロのロイロノート・スクールを実際に体験できる「プレス向けEdTech勉強会」も開催する。

そのまま午後の「1to1Camp!」も取材できるので、EdTechの最新動向が学べて、午後からは先進的な取り組みをしている先生達と知り合えるまたとない機会となっている。

本イベントは、常翔学園の後援により、大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワーにて開催される。