モチベーションアップに!教師・教員・先生をテーマにしたおすすめ映画のまとめ

この記事では、教師・教員・先生をテーマにした映画をまとめています。

教師や教員を志すきっかけとして、実際の先生との出会い意外にも、テレビや映画、本、漫画といったものをあげる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

教員志望者の息抜きに!教師・先生をテーマにした漫画・コミックまとめ

2018.07.15

ROOKIES-卒業-

大人気になったTVドラマ「ROOKIES」の続編にあたります。ドラマの時点では、2年生だった野球部メンバーが3年生となり、最後の夏の甲子園を目指すストーリーです。映画ならではのオリジナル・ストーリーが描かれています。

ごくせん THE MOVIE

大人気シリーズ「ごくせん」の映画。7年に及んだテレビシリーズの集大成、最後を飾る作品として公開された作品。

ブタがいた教室

妻夫木聡主演で、大阪の小学校で実際に行なわれた授業を元に映像化された作品。担任の教員は、育てた後に食べることを前提として、子ブタを飼うことを担任のクラスで提案。生徒が子豚の面倒を交代で見ることになる。食べること、生きることを生徒に教えようとする「命の授業」の再現を試みた映画。

くちびるに歌を

舞台は長崎県の離島の中学校。産休の音楽教師の代理として主人公の柏木ユリ(新垣結衣)が赴任するところから映画は始まります。孤独なピアニストと離島の中学生達が触れ合いを描く、感動のストーリー。最後の合唱のシーンは感動的です。

おっぱいバレー

綾瀬はるか主演の学校のバレー部を舞台にしたコメディ。新任教師がバレー部の顧問を任されるが、部員は熱心ではなくやる気も高くない。そんな生徒達に勝利すれば先生のおっぱいを見せるという約束をする。その共通の目標のために頑張る生徒達、その奮闘を描いた作品。

スクール・オブ・ロック

30歳を過ぎてもロックギタリストを志す、デューイが主人公。ひょんなことから名門小学校の教員になります。そこで生徒達の音楽の才能を発見し、授業と偽って、子どもたちロックバンドを結成。バンドバトルでの出場、優勝を目指すストーリーです。コメディで明るく楽しいストーリーです。スカッとしたい気分、難しくなく気分良くなりたい場合にはおすすめの作品です。

いまを生きる

映画の舞台はアメリカの全寮制高校。教師キーティング(ロビン・ウィリアムス)がやってくるところからストーリーは始まります。キーティングの授業やメッセージを通じて、生徒は自分たちで物事を考え、自分たちの言葉で物事を語るように変化していきます。名門のいわゆるエリート高校生たちが一人の教師と出会って、ふれあい、成長していく姿は感動的です。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

天才だが素行不良の青年ウィル・ハンティング(マット・デイモン)が、1人の心理学者・大学教員(ロビン・ウィリアムズ)と出会い、変化し成長していくストーリー。この二人の関係はもちろん、周囲の人間も魅力に溢れ、特に青年ウィル・ハンティングとその友人たちとの掛け合いは映画史に残る名シーンといっても過言ではないでしょう。人が他の人の人生に良い影響を与え、成長していく、感動的な映画です。

コーチ・カーター

不振を極めていた高校のバスケットボールチームが、コーチとして招かれたカーターによって、徐々に生まれ変わっていく実話をもとにした映画です。徐々に成長・変わっていく生徒の物語は人をひきつけ、魅力的です。コーチ(教師・教員)の情熱、リーダーシップが物事を動かしていくということが感じられる映画です。

タイタンズを忘れない

タイタンズを忘れないは、フットボールチーム「タイタンズ」に黒人コーチ(主演:デンゼル・ワシントン)が就任するところから始まります。人種差別が当たり前だった時代に、白人・黒人の人種混成のチームを導き、大活躍する映画です。人種差別やコーチのリーダーシップなど、考えさせられることの多い、メッセージに溢れた名映画です。

以上、教師・教員・先生をテーマにしたおすすめ映画のまとめでした。フィクションだと、「映画だから出来る・・・」と思ってしまうことがあるかもしれませんが、参考に出来ることや抽象的な概念を学ぶには良いのではないでしょうか。また生徒に見せる作品としても使えるのではないでしょうか。

教員志望者の息抜きに!教師・先生をテーマにした漫画・コミックまとめ

2018.07.15