ミスターフュージョンが運営する小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」 、「サマーキャンプ」を開講

小学生向けプログラミング教室『プロスタキッズ』各校では、7月中旬~8月末の夏休み期間に「サマーキャンプ」を開催する。

全4回のカリキュラムでは、Makecodeを使ってマインクラフトの世界をプログラミングする『Makecode体験』、そしてイギリスの小学生に対するプログラミング教育でも使用される『micro:bitを使ったプログラミング』の2つを体験することができる。

Makecode(メイクコード)とは

Microsoft社が開発したプログラミング学習用のソフト。予め文字の書いてあるブロックをくみ合わせてプログラムを作成することで、小学生にも認知度の高い『マイクラ』の世界をプログラミングすることができる。マイクラの世界は「奥行き」「高さ」「幅」からなる空間把握能力が必要となるため、算数の図形問題や数学の基礎知識の習得・理解度向上も期待することができる。

micro:bit(マイクロビット)とは

イギリスのプログラミング教育の一環として小学生(11歳~12歳)全員に配られた教育用のシングルボードコンピュータ。25個のLEDと2つのボタンスイッチ、加速度センサーや磁力センサー、無線通信機能が搭載されている。PCに接続してプログラミングしたものをmicro:bitに出力することで、思ったとおりに動かすことが出来る。日本においては、今後2020年までに30万人の子供がmicro:bitを使って遊び学べる環境を作ることが目標とされている。

サマーキャンプ 詳細

  • 1回目(60分) メイクコード体験(1)
  • 2回目(60分) メイクコード体験(2)
  • 3回目(60分) メイクコード体験(3) 通常のプロスタキッズの授業で使っている『Makecode』を使用して、 マイクラの世界をプログラミングする。 基本的な使い方からしっかりと説明を受けるので、 プログラミングやマイクラ未経験という人でも安心な内容となっている。
  • 4回目(120分) micro:bitで自由研究の制作:micro:bitをプログラミングして、ゲームを作成する。使用したmicro:bitと作成データは持ち帰りでき、自由研究の発表に使うことも可能だ。

子供向けロボットプログラミング学習キットまとめ8選!プレゼントにも最適!?