ソフトバンク コマース&サービス、Makeblockの次世代プログラミング教育ロボット「codey rocky」7月19日から国内販売開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、Makeblock(メイクブロック)社のプログラミング教育用ロボット「codey rocky(コーディーロッキー)」の販売を7月19日(木)より開始する。

「codey rocky」は、従来のプログラミング学習に加え、画像認識、音声認識といったAIの基礎やインターネットから取得した情報を基に結果を表示するなど、IoT機器を模した次世代のプログラミング学習が可能となるロボットだ。スクラッチベースで操作も簡単なビジュアルプログラミングソフトを使用するため、専門知識がなくてもプログラミングの基礎スキルを身に付けることができる。

また、現在AIやロボットの開発で注目されているプログラミング言語「Python」にも対応している。スクラッチベースで作成したビジュアルプログラミングをPythonのプログラムコードへ簡単に変換でき、Pythonの学習も行うことができる。

「codey rocky」は、多数の高度な電子モジュールと表現豊かなLEDを搭載したコントローラーのcodey(コーディー)と、障害物や色を検知しながら自由に移動させることが可能なcodeyを運ぶ車のrocky(ロッキー)の2つのパーツを組み合わせて使用する。音声認識で「codey rocky」を動かしたり、顔認識で年齢を当てたり、表情に合わせた内容をLEDに表示するなど、簡単で楽しくAIに触れることができる。さらに、インターネットへ接続し、天気予報を取得しLEDに表示するといったIoT機器のようなプログラミングも行える。

「codey rocky」は、一部の家電量販店やSoftBank SELECTIONオンラインショップなどのECサイトでの販売を予定しており、SoftBank SELECTIONオンラインショップなど一部の取扱い店にて7月12日(木)より予約を開始した。

子供向けロボットプログラミング学習キットまとめ8選!プレゼントにも最適!?