デジタルマーケティング専門eラーニング『ジッセン! オンライン』、会員数10,000人を突破

オプトグループの株式会社サーチライフが、eラーニング『ジッセン! オンライン』会員数が10,000人を突破したことを発表した。

社内のデジタルマーケティング人材不足を課題と考える企業の増加

近年、デジタル化によるビジネスの変化に対して、数年内に「変化していく」と感じている企業が増えている。デジタルマーケティングに取り組んでいる企業、今後取り組むことを検討している企業は増加傾向にあり、インターネットを完全に切り離してビジネスを考えることは年々難しくなってきている。

また、企業のマーケティング担当者や責任者の多くがこの分野に対して「人材不足・ノウハウ不足」を課題と感じており、デジタルマーケティングの人材育成サービスを展開しているサーチライフへの相談や依頼も、毎年150%ペースで増加している。

2014年に日本初のデジタルマーケティング専門eラーニングとして提供を開始した『ジッセン! オンライン』が、会員ID数10,000人を突破した。
この数値は、退会者等を除いた実会員数を算出しており、2017年6月末時点と比較して約162%増と、大幅に増加している。研修に活用している企業や、個人での学習分野として選択するケースが多く、デジタルマーケティングへの関心が高まっていることがわかる。

約200講座のオリジナルeラーニング教材で学習できる『ジッセン! オンライン』

『ジッセン! オンライン』は、著名マーケッターや、SNS媒体社の担当者といった講師陣を迎え、オンライン動画による研修サービスを提供している。Webサイト運営・SNS・デジタル広告・EC・オムニチャネル・データ、アナリティクス・CRM・マーケティングなど、デジタルマーケティング領域における多様なニーズに対応したコンテンツが揃っている。

eラーニング『ジッセン! オンライン』は、新卒や中途入社者向け研修の事前学習として取り入れる例や、同じくサーチライフが提供する講師派遣型研修『ジッセン! プログラム』と組み合わせて社内のスキルレベルを一定以上に底上げする目的で利用する例など、活用方法は様々だ。

また、7月下旬よりリニューアル版の管理画面へ完全切り替えが予定されている『Google AdWords』の管理画面操作方法の講座等、個人の方、現役マーケッターの方、OJTに人員を割くことが難しい担当者におすすめのコンテンツも多数用意されている。