ヒューマンホールディングス、ロシア・カザン連邦大学およびTalentEx社と、日本語教育とIT分野での来日就職支援で覚書を締結

ヒューマンホールディングス株式会社は、ロシア連邦タタールスタン共和国のカザン連邦大学(Kazan Federal University、以下「カザン大学」)およびTalentEx(Thailand)Co.,Ltd.(以下「TalentEx」)と3者間で、日本語講座の提供および日本への就労支援に関する覚書を締結した。

2018年9月よりカザン大学でITを専攻する学生向けに日本語講座を開講。卒業後は日本企業などでのインターンシップを通じて、ITエンジニアとしての日本での就職支援を開始する。

概要

今回、締結した覚書は、カザン大学情報技術・情報システム学部(以下「ITIS学部」)での日本語講座開講と、卒業後の日本での就労支援を、3者が連携して取り組むもの。

日本語教育で30年以上の実績を持つヒューマンホールディングス事業子会社のヒューマンアカデミー株式会社の日本語教育プログラムを提供し、カザン大学でITを専攻する学生の日本語能力を養成する。

卒業後は、同社事業子会社で人材事業を展開するヒューマンリソシア株式会社(以下「ヒューマンリソシア」)が、インターンシップなどを通じて正規採用し、ITエンジニアとしての日本での就労を支援する。カザン大学での講座運営および現地での就職支援は、8月よりロシアにて事業を開始するTalentExが担当。年間100名の学生の受講を見込んでいる。

カザン大学は1804年に創立。ロシア政府より「Project 5-100」に選抜されるなど、ロシアトップレベルの教育を提供している歴史ある大学だ。世界有数のITエンジニア大国であるロシア国内においても、カザン大学ITIS学部は高い技術力と教育レベルに定評がある。また、日本の著名大学との連携や、留学生の積極的な受け入れ実績など、日本との親和性が高い大学としても知られている。

「Project 5-100」は、ロシア政府が、2020年までに英国QS社の世界大学ランキングのベスト100にロシアの大学を5校入れることを目標に掲げ、ロシア全土1,000校から選抜された大学に対し重点投資を行うプロジェクト。

今後の展望

同社は、日本国内で培った教育・人材事業のノウハウを活用し、海外事業をさらに拡大していく方針。

カザン大学との提携を皮切りに、優秀なITエンジニアを育成している世界各国の大学とも連携し、日本語教育の提供や海外ITエンジニアの採用推進を図っている。

また、ヒューマンリソシアは、海外の優秀なITエンジニアを採用し、日本企業に派遣する「Global IT Talent サービス(以下「GIT」)」を展開している。既に30を超える国から200名以上のITエンジニアを採用しているが、企業ニーズの高まりを受け、採用活動を拡大している。

アジア各国では現地での直接採用を実施しており、年間15の国・地域で採用フェアを開催するほか、海外大学との連携も推進している。こうした取り組みにより、GITサービスにおいて、2020年度末には海外ITエンジニア1,000名体制を構築し、国内のIT人材不足解消への貢献を目指している。