ECCと九州工業大学が共同研究講座を設置

総合教育・生涯学習機関の株式会社ECCと国立大学法人 九州工業大学は、エラスチンを利用したバイオマテリアル及び健康食品の開発のために共同研究講座を設置した。

  • 共同研究講座名称 : ECCウェルネス共同研究講座
  • 研究題目 : エラスチンを利用したバイオマテリアル及び健康補助食品の開発
  • 設置期間 : 2018年4月1日~2021年3月31日(3年間)

今回の共同研究講座は、エラスチンに含まれるペプチド等を利用して生体組織・器官を人工的に作製するための生体適合材料や、薬を包み込んで患部へ運ぶドラッグデリバリーシステムに使用するための材料など「新規バイオマテリアル」およびその周辺技術を開発することを目的としている。また、健康補助食品としての有用性を高めるためのエラスチンの基礎研究も展開している。

ECCでは、創業以来掲げられてきた「戦争、病気、貧困の三大苦をなくす」という理念の下、その一つである「病気」を防ぐ体質づくりに貢献すべく、健康に関する事業に取り組んでいる。今回の共同研究講座を通じて研究成果を創出し、事業化に繋げることを目的としているようだ。