河合塾、2020年度から始まる大学入試改革を受けて新入試世代の意識調査を実施

学校法人 河合塾は、2020年度から始まる大学入試改革を受けて現中学1年生~高校2年生の男女500組、同一の親子を対象に「2020年度大学入試改革に関する意識調査」を実施した。

2020年度からスタートする大学入試改革の内容について、これまで様々な情報が出てきてはいるものの、具体的に何がどう変わるのかを完全に理解することは、一般の人々にとっては難しい部分がある。

該当世代である中学・高校生はもちろん、保護者も含めて一体どんな対策を立てれば良いのか、何を知っておくべきなのかなど、不安でいるひとも多いだろう。今回は、2020年度以降に大学受験を予定している“新入試世代”である受験生や保護者を対象に、具体的な情報収集の手段から対策への意識、現時点で感じている不安やどんな影響があるかなど、リアルな実情の調査が行われた。

調査サマリー

  • 大学入試改革の内容を「具体的に知っている」子供は全体の50%以下。ただし、志望大学のレベルが高い親子ほど認知度は高く、情報収集も積極的に行っている傾向にあった。
  • 70%以上の親子が大学入試に「不安」であり、特に「英語の試験対策」にハードルを感じていることがわかった。
  • 試験問題の形式が変わるというだけで、2人に1人が「志望校の選択に影響する」と回答した。

調査概要

  • 調査期間  :2018年5月26日~5月31日
  • 調査方法  :インターネット調査
  • 調査対象  :大学受験を予定している中学1年生~高校2年生の男女、同一の親子
  • サンプル数 :n=500
    大学受験を予定している中学1年生~高校2年生の各学年n=100(男女でn=50ずつ)の均等割付にて回収。