KIYOラーニング、「ラーニングイノベーション2018」に出展

企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」と、通勤時間などのスキマ時間にスマホで資格取得の勉強ができる「通勤講座」を提供するKIYOラーニング株式会社は、「ラーニングイノベーション2018」に出展する。

「ラーニングイノベーション2018」は、企業の人材育成・人材開発の課題に、技術・サービス・システムなど、約170社の最新ソリューションが集う展示会である。優れた事例や実戦ノウハウを紹介するセミナーも開催される。

同社は、「動画eラーニングで教育を効率化!」と題して、低コストで誰でも簡単に使えるeラーニングシステムや、動画を使った効果の高い社員教育サービス、業務に役立つ資格取得のためのeラーニング講座を紹介する。

また、全3日間のシアターセッションにおいて、同社代表 綾部が “事例から見る「社員教育eラーニング」成功のポイント”に登壇する。

「ラーニングイノベーション2018」出展概要

  • 日時:2018年7月4日(水)〜6日(金)10:00〜17:30
  • 会場:東京国際フォーラム ホールE ラーニングテクノロジーゾーン
  • 主催:日本経済新聞社 日経BP社
  • 共催:日本イーラーニングコンソシアム(eLC)
  • マイクロラーニングコンソシアム(mLC)
  • 入場料:1,000円(税込)*事前登録で無料
  • 内容:「動画eラーニングで教育を効率化!」
    企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」は、初期費用0円で導入出来、自社で簡単に動画コース制作&配信が可能、受講履歴やテスト結果を一元管理、標準研修コース受け放題。
    eラーニングで資格取得の勉強ができる「通勤講座」は、中小企業診断士、税理士、簿記、FP、外務員、販売士、宅建士、マンション管理士など業務に役立つ資格がそろっている。

シアターセッション “事例から見る「社員教育eラーニング」成功のポイント”

本セミナーでは、「社員教育eラーニング」の成功事例を分析した上で、典型的な活用例の紹介が行われる。さらに、eラーニングについて、コストを抑えながら成果を高める手法や、導入成功の勘所が解説される。

  • 7月4日(水)12:30 ~ 12:50 オープンシアターFにて
  • 7月5日(木)14:50 ~ 15:10 オープンシアターGにて
  • 7月6日(金)15:50 ~ 16:10 オープンシアターFにて

「AirCourse」は、企業向け社員教育クラウドサービスである。研修・教育にニーズの高いコースを揃えた”標準コース”と、企業がオリジナルで作成した動画を簡単に社内共有できる”オリジナルコース”がある。

導入コストを抑え、低予算で運用できるほか、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応している。実施履歴や成績などを一元管理出来るため、受講対象者に確実に受講してもらい研修に最適である。

「通勤講座」は、資格取得者向けのeラーニング講座である。初心者にもわかりやすい“動画講座”、頻出テーマを効率的に学べる”演習問題”・”模擬試験”等により、低価格で短期間合格を実現する。現在、講座数は22、有料受講者も年々増加し、2万人を超えている。