東大発AIスタートアップのCorpy&Co.、中高生向けAI教育研修プログラム「AI Dojo for Youths」を提供開始

AIシステムの研究開発を行う東京大学発AIスタートアップの株式会社コーピーは、事業の一環で行なっているビジネスパーソンおよびエンジニア向けのAI教育研修事業「AI Dojo」の中高生版「AI Dojo for Youths」を、今夏(8月27、28日)に東京都内で実施する。

「AI Dojo for Youths」では、AI技術等を活用した先進的な課題解決ができる人材を育成することを目的とし、中高生向けにAI研修を実施する。

研修を通して、AIの歴史と背景、AI技術を用いて実現可能なこと、また逆に人間でなければできないことを学び、自分たちの課題に対してAI技術をどう適用するかを考え、提案する力を涵養する。

具体的には、AIの歴史的背景からAIの仕組み等の基本的知識、AIを構成する技術である機械学習の基本的な概念、AIを活用するためのデータ活用やデータ収集方法、AIを用いて課題を解決するために必要な技能等について、データを実際に扱うワークショップを含んだ形式で講義が行われる。

そして最終的に、生徒自身が上記研究課題をAI技術を用いて解決する方法をチームで考え、発表を行うことで、課題に対してAI技術をどう適用するか考える力を育成する。

今回「AI Dojo for Youths」では、その第一弾として、文部科学省の平成30年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の指定校である青翔開智中学校・高等学校(鳥取県・私立)の高校1年生を対象に研修を行う。

青翔開智中学校・高等学校の特色である「探究型学習」と、現在生徒たちが取り組んでいる「人口減少によって生じる社会課題と、課題解決における科学技術の役割」という研究プログラムは、「AI Dojo for Youths」の構成や企画にも反映されている。