しくみデザイン、ビジュアルプログラミングアプリ「Springinʼ」をアップデート

2018年6月20日、株式会社しくみデザインは、iOS向けビジュアルプログラミングアプリ「Springinʼ」をアップデートした。今回のアップデート(Ver4.0.1)では、Springinʼで作った作品を他のユーザーに公開して配信することができる「マーケット」機能を新たに追加、さらにSpringin’の全機能を無料で開放した。

今回のアップデートのポイント

マーケットで世界中のクリエイターに出会える

今回新たに設けた「マーケット」には、世界中のユーザーやクリエイターによるゲームや教材など、バリエーション豊かな作品が並んでいる。ユーザーは「コイン」を使ってそれらの作品をダウンロードし、楽しむことができる。コインの入手には課金は不要で、またユーザーには最初に十分なコインが付与され、まずはマーケット上の作品で遊ぶことからスタートできるようになっている。

マーケットでクリエイターになれる

ユーザーは自身の作品を「ギャラリー」に出品(アップロード)することで、その作品をマーケットに並べることもできる。そして自身の作品が他のユーザーにダウンロードされることで新たにコインを獲得できる。この「自分の作品でコインを稼ぐことができる」というプロクリエイターの疑似体験ができる環境を通じて、作品作りのモチベーションを高め、世界中のクリエイターたちとの交流を深めることができる。

全ての機能が無料に

今回のアップデートより、Springin’の全機能が無料で開放される。これまではSpringin’の全機能を使うことができる「プレミアム版」は、月額300円(年間3,600円)の利用料が必要だったが、アップデート後は不要になる。今回の無料開放は「世界中の人をクリエイターにしたい」というSpringin’のビジョンを実現するため、より多くの人々にSpringin’での作品作りを続けてもらえるような環境づくりの一環として実施する。今後も引き続き、高品質なコンテンツや拡張機能、教育機関向けサービスなど、創造のための環境づくりに向けた準備と開発を進めていく方針だ。

開発者の想い

しくみデザイン代表取締役 中村俊介氏

「世界中の人達をクリエイターにしたいという想いでSpringin’は生まれました。そのためには、作品がより多くの人の手に渡りやすくなることや、作品が評価され認められるということが重要です。今回のアップデートの狙いは、無料化で気軽に始められるようになると共に、作品をコインでやり取りするマーケットという仕組みによって、自分の作品が世界中の人たちの手に渡り、評価を得るという体験を創り出すことにあります。Springin’を手にした方々が新しいものを創り出そうという気持ちになり、ひとりでも多くのクリエイターが生まれることを期待しています。」

Springin’とは

株式会社しくみデザインが開発するコーディングなしで誰でも簡単に「アプリ」がつくれるビジュアルプログラミングアプリケーション。iOS10以上に対応。

自分で描いた絵や写真を使ったアイテムに、簡単な操作「属性(性格)」や「関係性」を持たせ、それらを組み合わせていくことでゲームや絵本など自分だけのオリジナル作品を創り出すことができる。2017年1月のリリース後も創造するための環境づくりのためにアップデートを続けている。