ライフイズテック、​ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」無料体験版を期間限定公開

ライフイズテック株式会社は、ディズニーの世界を楽しみながらオンラインで学ぶことができるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の無料体験版を公開し、無料体験終了後に特別割引クーポンが発行される “夏のオープンキャンパスキャンペーン”を、2018年6月20日(水)から8月31日(金)までの期間限定で実施する。

「テクノロジア魔法学校」は、ライフイズテックが開発した対話型オンライン学習システムMOZER®をベースに設計されたプログラミング学習教材として2018年4月21日にリリース。

パソコンやプログラミングが全くの初心者でも知識ゼロから学習を進めることができるよう様々な工夫がなされており、子どもから大人まで、誰でも楽しみながらプログラミングを学ぶことのできる本格的なオンライン学習教材。2018年5月現在のユーザー年齢は10代〜80代と幅広く、ユーザー構成は、10代が約4分の1、20〜30代が約半数となっている。

今回の無料体験キャンペーンでは、プログラミングに興味のある多くの方々に本製品を実際に体験してもらい、「テクノロジア魔法学校」の魅力を伝えることを目的としている。

キャンペーン概要

テクノロジア魔法学校オープンキャンパス(無料体験版)は、正式版の全7章のうちの第1章のストーリーや謎解き、レッスンの一部が体験でき、1〜2時間で終了する内容となっている。

体験版を終了した方には全員に、正式版購入の際に利用できる特別割引クーポン(最大5,000円分)が発行される。「テクノロジア魔法学校」の割引クーポンが発行されるのは今回のキャンペーンが初であり、8月31日までの期間限定での特別割引価格となっている。

オープンキャンパス(無料体験版)キットの配布について

「テクノロジア魔法学校」は、オンライン学習教材のほか、物語を進めていくための地図や封筒などのさまざまなアイテムが入ったスタートキット「魔法の本」と連携させながら学習を進めるようになっており、アナログとデジタルを融合した、新しい考え方のプログラミング学習教材として設計されている。

今回公開する無料体験版でも、こうした正式版と同様のアナログな体験も楽しんでもらえるように、オープンキャンパスを開始するための体験IDとパスワードが記載された特別ポストカード入りの招待状を無料体験版キットとして配布する形で展開。オンライン学習とアナログアイテムを融合しながら学習を進めるという点も体験出来る仕掛けになっている。

テクノロジア魔法学校について

「テクノロジア魔法学校」は『プログラミングは現代の魔法である』をテーマとして、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『アナと雪の女王』『ベイマックス』『アラジン』など13のディズニー作品を使ったレッスンによって、ロールプレイングゲームのように冒険の物語を進めながらプログラミングを学ぶことができるオンライン学習教材。

「JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader」といったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインと3つのコースを総合的に学習するクロスカテゴリ学習を採用。基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分の学習コンテンツが用意され、週1回2時間の学習で、約1年間学ぶことができる。

魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーは、アニメ監督の中村亮介が脚本、キャラクターデザイン・イラストを細居美恵子が手掛け、学習教材としてだけでなく本格的なエンターテインメント×教育のコンテンツとなっている。

プログラミング学習サービス一覧

オンラインプログラミング学習サービス

通学型プログラミングスクール

子ども向けプログラミングスクール