WRO JAPAN、プログラミングを学ぶ小中高生を指導する先生のための「第11回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム」開催を発表

全国の小中高生、2,000人以上が集い、ロボットを使いプログラミングの腕を競う国際ロボットコンテスト「WRO(World Robot Olympiad)」を開催するNPO法人WRO JAPANは、同ロボコンに参加する選手たちを指導する先生、教育者向けに「科学技術におけるロボット教育シンポジウム」を7月21日(土)に科学技術館で開催する。このシンポジウムは今回で11回目の開催となる。

開催概要

  • イベント名:第11回科学技術におけるロボット教育シンポジウム
  • 開催日:2018年7月21日(土)9時45分 開会~16時30分終了予定
  • 会場:科学技術館 (北の丸公園、武道館の隣)
  • 主催:NPO法人WRO Japan、共催:WRO Japan実行委員会、株式会社アフレル
  • 目的:教育現場、人材育成現場で実践されているロボットを活用した教育内容、手法等の発表、受講機会を設け、教員・指導者同士の交流の場を提供する
  • 内容:ロボットを活用した教育カリキュラム、体制、手法等。基調講演、各現場における教育実践内容発表、交流ワークショップ終了後、会場近隣にて懇親会あり(有料、希望者のみ)
  • 参加者:小中高校の教員、私塾やNPOの指導者、およびそれらをサポートする機関(大学、科学館等)また人材育成として取り組んでいる機関(企業、NPO等)
  • 参加費:一般3,000円 学生1,000円(NPO法人WRO Japan会員1,000円) プレス無料

基調講演

概要

「人工知能(AI)社会とこれから必要とされる人材、学び」/リクルート次世代教育研究院 院長 小宮山 利恵子氏

人工知能(AI)という言葉を聞かない日はないという程、社会に浸透しつつあります。AIは教育分野にも入ってきており、その流れは今後更に加速すると考えられています。
AI社会においてどのような人材が今後必要とされるのか、そして学びはどのように変わっていくのか、皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

講師プロフィール

1977年東京都生まれ。早稲田大学大学院修了。衆議院、ベネッセ等を経て2015年11月より「スタディサプリ」を展開する株式会社リクルートマーケティングパートナーズ入社。同年12月より現職。

シンポジウム開催の背景

昨今、ロボットを活用したプログラムと計測・制御に関する授業は世界レベルで注目され、日本でも中学校の授業科目である“技術”の指導要領に入ってきたが、従来から、慢性的な指導者不足の状態にある。
このシンポジウムは、学校現場や地域教育の中で、直接、小中高生に指導している教育者の実践報告に主題を置き、情報交換の場を提供する。授業へのロボット導入を検討されている先生、地域教育に興味のある人、ロボットや関連技術に関心を持っている人々に参加を奨励している。日本における指導者育成を目指しているようだ。