講師同士の「オンラインOJT」を促進するClearS、東大NETアカデミーで導入決定

アルクテラス株式会社が開発を行う「ClearS」は6月12日、株式会社フィオレ・コネクションが運営する、東大NETアカデミーでの導入決定を発表した。

東大NETアカデミーに在籍する講師同士の情報共有における課題を解決し、地域間の教育格差の是正を図っている。

今回の導入について

アルクテラスは、全世界180万人が使う勉強ノート共有アプリ「Clear」を提供するEdTechスタートアップ。ClearSは、Clearで培った「学び合い」「ノート共有」のノウハウをもとに、教育機関向けにクラウド型で提供するオンラインコミュニティツールである。

今回導入が決まったフィオレ・コネクションは、東大生講師による双方向遠隔ライブ授業「東大NETアカデミー」を運営している。東大NETアカデミーに多数在籍する東大生講師たちの学び合い、ナレッジ共有を促進する「オンラインOJTツール」としての活用を目的にしている。

ClearSで「オンラインOJT」を促進

東大NETアカデミーは沖縄県与那国町、島根県邑南町など、全国21箇所に向けてライブ授業を行っている。

授業を担当するのは約40名の東大生、配信スタジオは駒場東大前と本郷三丁目の拠点にある。東大では1.2年が駒場キャンパス、3.4年が本郷キャンパスにいるため、若手講師たちはベテラン講師とコミュニケーション・情報共有を行いづらいという課題があった。

ClearSを導入することで、若手とベテラン講師の間でのやりとりを促進できる。ノート共有機能で教案・指導案についての情報共有、Q&A機能でベテランへの質問などを行うことができる「オンラインOJT」の環境を構築する狙いがある。

導入に寄せた代表コメント

アルクテラス代表の新井氏
「私たちはテクノロジーを使って、全ての学習者の可能性を引き出すということをミッションとしています。フィオレ・コネクションの経営理念にかかげる「日本全国の隠れた才能を育て上げ、教育格差を無くし、人材の裾野を広げること」は私たちのミッションと共通するところが大きく、お互いに理念追求を加速できると考えて今回の提携をさせていただきました」

フィオレ・コネクション代表の松川氏
「東大NETアカデミーでは、より質の高い授業を実施するため、講師それぞれが持っているナレッジの蓄積、及びナレッジを共有する仕組み作りを模索していました。この度、アレクテラスと提携し、ClearSを導入することによりこれらの問題を解決したいと考えています。その結果、講師の指導力が向上し、子どもたちの学力向上につなげることで、地域の教育格差の解消に取り組んでいきたいと思います」