N高、アドビの教育機関向け新プランを国内で初採用

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、アドビシステムズ株式会社(以下 アドビ)が提供する「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」を採用することを決定した。

同プランは2018年5月に米国で発表の後、日本では6月4日にリリースされた。N高は国内第1号の採用校となり、6月より順次導入予定。費用をN高が負担することで生徒は無料で利用でき、授業や創作活動など様々なシーンでのクリエイティブな学びが行えるようサポートている。

N高では、将来につながるスキルや経験を重視しており、社会で活躍するための実践的な学びの機会を多く提供している。生徒がCreative Cloudを活用する機会として以下を想定している。

  • 6月に開講するオンラインでの課外学習、N予備校「Webデザイン授業」での利用
  • 通学コースでのアクティブラーニング型学習「プロジェクトN」で、創造的学習における制作ツールやプレゼンツールとしての利用
  • ネット部活「美術部」やその他の同好会における創作活動、個人の創作活動での利用

Creative Cloudはプロツールとして実社会のあらゆる分野で活用されており、PhotoshopやIllustratorといったツールが使える人材の需要は今後も高まっていくことが予想される。高校生の段階からプロツールに触れることで、ベースとなるスキルを養成するだけでなく、クリエイティビティを発揮できる機会の創出や体験学習での能力育成など、多分野での学習に応用していく方針だ。

アドビのCreative Cloudシニアプロダクトマーケティングマネージャーであるシャリフ カーマリー(Sharif Karmally)は次のように述べている。

「アドビは、次世代のクリエイターを支援すべく、教職員と協業を続けています。Creative Cloudを低価格で提供し、場所を問わずに使用できるようにすることで、教職員と生徒はさまざまな方法で創造性を発揮できるようになります。本ライセンスは、学校現場における創造的問題解決能力の育成のあり方を大きく変えるものになると期待しています。」

なお、同プランは小中高校の教育機関向けに年額492円(税抜、1ユーザー当たり)で提供されるが、N高では学校がすべての費用を負担することで生徒は無料で利用できる。

ユーザー単位のライセンスのため、生徒は自分のPCで全てのアプリケーションを利用でき、キャンパスや共用PCに縛られない。“ネットの高校”であるN高には全国から生徒が入学しており、時間や場所にとらわれずに好きなことを好きなだけ学べるよう、これからも良質な学習コンテンツや環境の提供を目指している。