KIYOラーニング 、「教育ITソリューションEXPO」での無料公開セミナー「活用される」eラーニングの成功のポイントを公開

通勤時間にスマホで資格取得の勉強ができる「通勤講座」と、企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」を提供するKIYOラーニング株式会社は、“「活用される」eラーニングの成功のポイント”を公開した。

約32,000人が来場した「第9回 教育ITソリューションEXPO」(以下、EDIX、5/16-18開催)で、同社代表 綾部が登壇した5月17日(木)の無料公開セミナー内容である。

「活用される」eラーニングの成功のポイント

多額の費用をかけてeラーニングを導入しても、活用されない例が散見される。本セミナーでは、導入の失敗原因を分析した上で、現場で「活用される」eラーニングにするための手法と導入手順を以下の七つの動画で解説している。

  • 同社サービス概要、本セミナー内容紹介
  • eラーニングのメリットと問題点
  • eラーニングの事例と活用法
  • eラーニングで成果を高めるポイント
  • eラーニングでコストを削減するポイント
  • eラーニング導入成功のポイント
  • 動画eラーニングサービス「AirCourse」の紹介

EDIXの3日間、同社出展ブースには、企業の研修担当者や学校などの教育関係の人々が参加した。低コストで誰でも簡単に使えるeラーニングシステムや、動画を使った効果の高い社員教育サービス、動画講座制作・活用のポイントなどについて、セミナーやデモンストレーションで案内された。また、様々な研修会社のコースから目的・予算で選べる「AirCourse研修ナビ」を初披露した。

「AirCourse」は、企業向け社員教育クラウドサービスである。研修・教育にニーズの高いコースを揃えた”標準コース”と、企業がオリジナルで作成した動画を簡単に社内共有できる”オリジナルコース”がある。導入コストを抑え、低予算で運用できるほか、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応している。実施履歴や成績などを一元管理出来るため、受講対象者に確実に受講してもらい研修に最適である。

「通勤講座」は、初心者にもわかりやすい“動画講座”、頻出テーマを効率的に学べる”演習問題”・”模擬試験”等により、低価格で短期間合格を実現するeラーニング講座である。現在、講座数は22、有料受講者も年々増加し、2万人を超えている。