ビズメイツ、国内企業向けに外国人労働者紹介事業を開始

ビジネス特化型オンライン英会話学習サービスを展開するビズメイツ株式会社は、2018 年 6 月から国内企業向けに外国人労働者紹介事業を開始し、第一弾として英会話講師に応募したフィリピン人 20 万人から選ばれた高スキルな IT 人材を国内企業に紹介する事業を本格展開することを発表した。

新規事業立ち上げの背景

厚生労働省が発表したデータによると、平成 30 年 3 月時点の情報処理・通信技術者の有効求人倍率は 2.47 倍と、IT 業界はまさに売り手市場となっている。

また、経済産業省が発表したデータによると、2030 年には 78.9 万人の IT 人材が不足するとされている。そのような状況の中、国内の企業は海外の優秀な人材を積極的に受け入れようとする動きが高まりつつある。

一方で、日本国内における外国人労働者は平成 29 年で 128 万人となり、4 年前と比較して約 2 倍近く増加している。しかしながら海外在住労働者向け求人プラットフォームは確立されているとは言えず、国内企業が独力で海外在住労働者に求人・採用活動を行うのは多大なコストと負荷がかかるため積極的に行われていないのが現状である。

同社は 2012 年より展開するビジネスパーソン向けオンライン英会話事業を通して、フィリピンの首都マニラに子会社を構え、現地でビジネス経験が豊富な優秀なフィリピン人を英会話講師として多数採用して来た。

また、これまでに英会話講師に応募してきたフィリピン人は累計 20 万人に達している。同社独自の資産と強みを活かし、2018 年 6 月より、IT 人材不足の日本企業と IT 人材豊富なフィリピンの架け橋になるべく、国内企業向けに外国人労働者を紹介する事業を開始、第一弾として、英会話講師に応募したフィリピン人 20 万人から選ばれた高スキルな IT 人材を国内企業に紹介する事業を本格展開することとなった。

急成長を続けるフィリピンの IT 市場

英語運用能力の高さから、欧米の大手企業のコールセンターがひしめくフィリピンは、BPOのグローバル拠点としても知られるなど、IT/BPM産業が目覚ましい発展を遂げている。ThePhilippine IT-BPM Sector Roadmap2022 によると、IT/BPM 産業は 2022 年まで年 9.2%の成長を続けると見込まれており、売上高にして 38.9 億米ドルをもたらすといわれるフィリピンの重要産業である。同産業においては毎年 10 万人分の雇用が生まれており、2022 年には IT 分野における正規雇用労働力数が 180 万人に上るとされている。

若い労働力が豊富な親日国フィリピン

日本に対する意識調査で、国民の 9 割以上が「日本が好き」と答えるなど、フィリピンは親日国としても知られている。また、フィリピンは総人口が 1 億人を超え、平均年齢が 23歳と若く、経済成長を促す人口ボーナス期が当面続くとされている。

今回同社は、IT 分野において秀でたスキルを持つフィリピン人にフォーカスし、IT 人材不足が叫ばれる日本企業への紹介事業を開始した。雇用形態は「正社員」とし、日本で働きたい優秀なフィリピン人にとっても有益な就労機会を提供する。また、グローバルで活躍するビジネスパーソンを育成すべく、異文化を理解・受容するための英会話プログラムを開発してきた強みを生かし、人材採用後も日本企業と海外人材双方への語学教授、異文化対応レクチャー等のサポートを行っている。
今後ビズメイツは、オンライン英会話事業、人材紹介事業を通して日本とフィリピン双方の発展に貢献していく方針だ。

ビジネス特化型オンライン英会話 No.1「Bizmates(ビズメイツ)」について

「今よりもっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために」をミッションに掲げ、2012年 7 月に設立された、ビジネス英会話特化型のオンライン英会話学習サービス。

フィリピンに現地法人を構え、毎日 5~25 時の間でレッスンを受講できる利便性に加え、ビジネスの現場ですぐに活用できる実践的なオリジナルプログラムにより、多くのビジネスパーソンおよび法人企業に支持されている。