女性向けIT学習・転職サービス「キラキャリ」、受講者が課題や自己作品を提出でき、スキル採用を促進する機能を搭載

女性向けにWEBサイト制作やプログラミングなどのITスキル学習サービスを提供し、女性を採用したい企業様とマッチングするサービス『キラキャリ』を運営するプロシーズは5/18(金)新機能「ギャラリー機能」をリリースした。

課題作品や受講生自身が自分の力で作った作品を受講者が他の受講者や企業へ公開、他の受講者との交流も可能である。企業との採用マッチング促進を行う。

「キラキャリ」とは

女性向けにWEBサイト制作やプログラミングなどのITスキル学習サービスを提供し、女性を採用したい企業とマッチングするサービス。

IT人材不足の解消・女性活躍推進を目的にしている。採用費用は、正社員・契約社員は一人につき30万、パートアルバイトは10万の成功報酬となっている。

ギャラリー機能概要

受講者が課題作品や受講生自身が自分の力で作った作品を投稿でき、他の受講者や企業に公開できる機能。公開時には、工夫した点や苦労した点などの記載が可能である。

また、他の人の作品に「いいね!」、自分の作品に「いいね!」をしてくれた人の確認ができる。採用をしたい企業も受講者の作品の詳細、「いいね!」の数を確認できる。

作品の詳細・評価閲覧でスカウト促進

企業がIT未経験者をスカウトする場合、希望者のPR文章だけではITスキルのセンスの良し悪しを判断することは難しい傾向にある。現機能においても希望者の提出課題でスキルの確認はできるが、このギャラリー機能によって、制作した作品と詳細の公開、「いいね!」の数の確認ができ、他者の評価含め、受講者(就職・転職希望者)のITスキルのセンスを見ることが可能になった。

受講者同士の交流でモチベーションアップ

eラーニングでの学習には、自分のライフスタイルに合わせ学習することができるというメリットがある。一方で、一人で学習を進めるため、交流がなく、孤独感を感じ、学習へのモチベーションを持続しづらい傾向にある。

ギャラリー機能により、受講者同士で「いいね!」を送りあうことで、交流が可能になった。受講者の孤独感を和らげ、切磋琢磨し、モチベーションアップにつなげることを目的にしている。また他の受講生の作品を見ることにより、学習教材だけでなく他人の作品から学ぶことができスキルの向上にも繋がる。