シェアウィズ、外国人IT人材に特化した日本語学習コース「ITビジネス日本語講座」の販売を開始

オンライン学習プラットフォームShareWisを運営する株式会社シェアウィズと日本語教育のベンチャー企業である有限会社ジャパンオンラインスクールは、ShareWis上で、外国人IT人材向けに特化した日本語動画コースの販売を2018年5月29日(火)に開始した。

スマートフォン・タブレットからも講座を受講することができ、忙しいIT人材のために、いつでもどこでも学べる環境を提供する。初年度2,000名、50社の利用を見込んでいる。

ITビジネス日本語講座

コースの詳細

  • 講座名: IT Business Japanese Course – ITビジネス日本語講座
  • URL  : https://share-wis.com/courses/japanese-for-it-business
  • 定価 : 19,800円(税込)

コースの特徴

  • ITビジネスに特化した学習内容
  • 元ITエンジニアの日本語教師が開発(IT企業監修)
  • 日本のビジネス文化、日本人とのコミュニケーションのポイントも紹介
  • オンデマンド型の動画レッスンで、いつでもどこでも受講可能
  • スマートフォン・タブレット対応

オンラインコースの内容

IT人材の業務に合わせた、10種類の場面別動画コンテンツを提供。

  1. 面接
  2. 新しい職場で
  3. 指示を受ける
  4. 打ち合せ
  5. 開発中のやりとり
  6. 進捗報告
  7. 単体テスト・結合テスト
  8. システムテスト
  9. 顧客デモ
  10. 顧客検収テスト・アフターサポート

提供する背景

国内のIT人材の不足規模は2015年で約17万人。

2030年は中位シナリオで約59万人と予測されている(経済産業省:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(平成28年6月))。IT人材不足の解決策の1つとして、外国人IT人材の登用がある。

国内で働く外国人IT人材は近年増加傾向であり、平成26年で3.2万人に達している。

平成20年の約1.8万人と比べ57%(約1.4万人)増加しており(経済産業省:海外IT人材の活用について(平成27年3月))、今後も増加が見込まれている。

また、日本再興戦略においても「優秀な人材を我が国に呼び込み、定着させる」ため、高度外国人材の受け入れ要件が緩和されるとともに、高度外国人材受入環境の整備等が求められている。

一方で、外国人が国内企業で活躍するためには、語学の問題があり、特に、IT業界で活躍するためには、一般的な日本語能力の他、専門用語の習得や、ビジネス慣行に習熟する必要がある。

一般的に、外国人がビジネス日本語を学ぶ研修では、敬語をメインに学ぶ。しかし、IT業界では比較的カジュアルな会話も多く、また、エンジニアは社外より社内メンバーとの会話が多いなど、日本語の使用環境が異なるため、ITビジネス日本語に特化した教材が必要と考え、本講座の提供に至った。