Edulab、イーオンと開発協力した初級向け英語スピーキング力測定サービスを提供開始

教育サービス事業を展開する株式会社EduLab傘下の株式会社教育測定研究所は2018年5月21日、株式会社イーオンによる開発協力のもと、英語初中級者を対象とした録音型英語スピーキング能力測定サービス「CASEC SPEAKING」を提供開始し、イーオンの教室向けに先行導入する。

取り組みの背景

2020年に予定されている東京五輪の開催や、同年の大学入試改革に伴う英語4技能(「読む」「聞く」「話す」「書く」)評価の採用(※1)、2019年の都立高校によるスピーキング試験の導入(※2)などを受け、英語によるコミュニケーション能力の向上がますます重視されている。

一方で、日本人の多くはスピーキングの初級者(CEFR(※3)A1-A2)に分類されると見られているが、既存のテストは難易度が高く、CEFR A1-A2レベルのスピーキング能力を細かく判定することが難しいという課題がある。

取り組みの概要

こうした背景を受け、EduLabグループのJIEMはイーオンによる調査協力のもと、英語初級者から中級者を対象とした録音型の英語スピーキング能力測定サービス「CASEC SPEAKING」を開発した。受験者は場所や日時を問わず、手持ちのパソコンからいつでも受験することができ、採点トレーニングを受けた英語ネイティブによる採点を経て「スコアレポート」が返送される。このレポートでは「発音」「流暢さ」「語彙力」「文法力」などスキル別のレベル判定とコメントで成果を実感し、次の学習に繋げられる。

CASEC SPEAKINGは挑戦しやすい難易度の設定や、試験時間を20~30分にすることで繰り返しの受験を可能にするなど、スピーキング初級者でもモチベーションを維持しながら次の学習に繋げることを目的に商品設計をしている。

これにより継続的な学習と測定のサイクルを生み出し、英語学習者のスピーキング能力の向上を目指して参ります。

イーオン代表取締役社長 三宅 義和氏のコメント:

「英語学習のモチベーションを維持するためには、自身の英会話レベルを知り、学習による上達の度合いを「見える」化することは非常に重要です。ところが、当社の英会話教室に通っていただいている生徒の多くがスピーキングの初級者(CEFRA1-B1レベル)に分類される中、このレベルのスピーキング能力を測定する有用な手段がこれまであまりなく、長年の課題となっていました。「CASEC SPEAKING」は英語初級者でもレベルを細かく測定することができ、また機械ではなく質の高い採点者が録音音声を採点する方式を取っているため結果の信頼性が高い点に魅力を感じ、開発協力および第一弾事例としての導入を決定しました。」

イーオンとEduLabグループおよびJIEMは、今後も双方のノウハウを最大限活用し、個人の英語能力の発展を目指す。

※1 「大学入学者選抜改革について」(2017年7月 文部科学省発表)
※2 「「東京都立高等学校入学者選抜英語検査改善検討委員会報告書」について」(2017年12月 東京都教育委員会発表)
※3 CEFR (セファー):語学のコミュニケーション能力を測る国際規格。言語のレベルをA1~C2の6段階に分け評価する。

英語学習サービス一覧

オンライン英会話サービス

パーソナルコーチング・トレーナー型英語学習サービス

オンライン・スマホで英語学習

子ども向け英会話・英語学習サービス