キャンドルウィック、「21世紀型スキルを育むプログラミング教育の可能性」を考えるシンポジウム開催

未来を生きる子どもたちにとって楽しい学びを考える、次世代幼児教育研究プロジェクトは、5月15日(火)に教育関係者および保護者を対象に、シンポジウム 『21世紀型スキルを育むプログラミング教育の可能性』 を開催した。

2回目となる本シンポジウムでは、これからを生きる子どもたちに必要な「21世紀型スキル」の育成に、プログラミング教育がどう関わることができるのか、また現場ではどのように実践することができるのか、を来場者とともに考える機会であった。

当日は、日本で唯一、英語・日本語・プログラミング言語のトライリンガル教育を提供するYes International School を創設した科学者でサイエンス作家の竹内 薫氏による基調講演のほか、幼児を対象としたプログラミング、ICT教育の実践例の紹介とパネルディスカッションが行われた。

必須言語スキルとしてのプログラミング

自身も30代はプログラマーとして活躍していた竹内氏は、現在が第四次産業革命の時代であるとし、歴史の中で人口、エネルギー、経済成長にどのような相関関係があったのかを踏まえつつ、先の予測がつかない現状にあっては、既存の教育システムが機能しなくなっているのではないか、と述べた。

この時代を生きる子どもたちに必要なのは、課題解決を目的としたプロジェクト学習であるとし、それを実践するために必要なのが国語、英語、プログラミングなどの言語スキルであると考え、学校設立に至ったと話した。

さらにAIについても触れ、いくつかの例をあげながら、パターン化されたものを処理するのが得意なAIと、よりクリエイティブなことを担う人間とに分業化されていくであろうこと、そして人間にしかできないクリエイティブなことを実現するための“外部脳”として、AIをいかに使いこなすかを子どもたちが学ぶ必要があると話した。

子どもたちの意欲を引き出す教育の実践

基調講演の後、実際に幼児向けのプログラミング教育・ICT教育を実践している組織による実例発表が行なわれた。

NPO法人山梨情報通信研究所理事の杉浦学氏は、オープンソースのプログラミングソフトScratchJrを使ってシニア世代と若者、子どもがフラットな関係でタブレットを用いてプログラミングを学ぶワークショップを開催しており、自ら学ぶこと、教え合う関係が自然に生まれることや、個別のペースでできるための工夫が鍵になる、といった知見を紹介した。

学校法人信学会のICT教育推進担当 次世代教育開発部部長の栗林聖樹氏は2012年から幼稚園でiPadを活用した教育を導入したことに始まり、未踏ジュニアスーパークリエーター認定者までを輩出しているという成果を発表。

「全ては遊びであり、全てが学びである」、という考えのもと、上手にやるのではなく下手でもいいから好きなことをやろう、というコンセプトで、とかく口や手を出しがちな親も一緒に巻き込みながら自主的な学びのあり方を考える試みを紹介した。

最後に、モンテッソーリ教育を実践するプリスクール「クランテテ三田」からは、学研塾ホールディングス 経営企画本部ディレクターの西村文孝氏と、株式会社GIビレッジ 「クランテテ三田」のプリスクールフェロー 中嶋雄一氏が、モンテッソーリ教育と、その考えに見合う教具としてプリモトイズ キュベット活用事例を紹介し、子どもたち自らが学びたいと夢中になる環境を大人が提供することの重要性を説いていた。

プログラミングは、創造性を伸ばすためのツールのひとつ

続いてパネルディスカッションでは、NPO法人CANVAS理事であり、慶応義塾大学教授の石戸奈々子氏がモデレーターとして加わり、全ての登壇者とプログラミング教育をめぐりさまざまな意見を交わした。

プログラミング・ICT教育を取り入れたことで、子どもたちの学ぶ意欲が増したことや、保護者のタブレットに対するネガティブな考え方が変わった例、上手くいかない場合にどうしたらいいか、導入にあたって教える側がどのような準備をしたかなど、実践者ならではの具体的な経験が伝えられる機会となった。

そして、プログラミング教育がすべての子どものニーズをカバーするわけではないとしながらも、これからの社会でさらに重要性が増していくことは必至であり、子どもたちが夢中になって自ら学び、創造性を伸ばすため大きな可能性がある、という意見を共有した。