ビッグデータマーケティング教育推進協会(Data driven Regional Education Association for Marketing)が設立

地域経済活性化による地方創生を担う「ビッグデータ+マーケティングの実務スキルを有した人材」の育成を目的として、一般社団法人ビッグデータマーケティング教育推進協会(略称Dream:Data driven Regional Education Association for Marketing)を、2018年4月2日に設立した。

同協会は、企業と全国主要都市の専門学校を中心とした教育機関が連携し、「データマーケティング人材(=データマーケター)」を育成することにより地域経済発展に貢献していく方針。

設立の背景

政府が掲げている地方創生の実現のためには、地域経済を活性化させる取り組みを地域で企画、実行できるマーケティング人材が必要である。

また、地域経済に関わる膨大な量のデータが世の中には存在しているが、こうしたビッグデータを地域の視点で分析し、その結果を地域経済の活性化に活かせていないのが実情だ。

これまでのビッグデータに関わる教育は、高度IT人材であるデータサイエンティストの育成にフォーカスされ、大学や大学院での対応が主となっていた。

地域経済活性化のためには、データサイエンティストだけではなく、データを活用してマーケティングを行う実務者「データマーケター」の育成が必要である。しかし教育の現場においては、教材として使用できるビッグデータがないことなどから、十分な教育環境を提供できていなかった。

設立趣旨

ビッグデータマーケティング教育推進協会は、全国の専門学校等と協力体制を構築し、「データマーケティング人材(=データマーケター)」のスキル体系の整備、育成カリキュラム開発、教育の実施を通して、全国各地で活躍できる人材を育てる基盤整備の実現に貢献していく方針だ。さらに、より実践的な教育を実施するために、教育教材として生きたビッグデータで実習できる仕組みの構築を目指している。

協会概要

  • 名称  :一般社団法人ビッグデータマーケティング教育推進協会
  • 英文表記:Data driven Regional Education Association for Marketing(略称:Dream)
  • 所在地 :東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル4階
  • 事業内容:データマーケティング人材育成に関する下記の事業、スキルマップ構築、カリキュラム開発、教員育成、授業実施支援、意識啓発活動(セミナー、イベント開催)
  • URL   : http://www.jp-dream.or.jp