やる気スイッチグループ、個別指導塾スクールIEオリジナルシステム「PCS」「夢SEED」を自治体向けに提供開始

「やる気スイッチ」のCMでおなじみの総合教育グループの株式会社やる気スイッチグループホールディングスは、自社開発したオリジナルシステムの「PCS」「夢SEED」を地方自治体や学校向けに提供を開始した。

放課後学習支援を通じて、子どもたちの学ぶ意欲を高め、より良い学習環境の提供を目指している。5月16日~18日に東京ビッグサイトで開催される「第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展する。

取り組み背景

深刻な教員の多忙化

教諭の平日の勤務時間について平成18年度と比較すると、小学校、中学校共に、いずれの年齢階層でも勤務時間が増加している。

その背景には「教育相談や課外活動、職員会議など、授業以外に多くの時間を費やすことが求められている」「特別な支援が求められる生徒や外国人生徒の増加。不登校やいじめ、虐待への対応」などといった、学校現場が抱える課題の多様化がある。

放課後も子どもたちの面倒を見たい、という先生にとってそれを実現することが難しい現状がある。

放課後学習の全国的な実施

次代を担う人材を育成するため、すべての就学児童が放課後を安心・安全に過ごし、多様な体験・活動ができるよう、文部科学省は厚生労働省と連携して総合的な放課後対策に着手。すべての子どもたちを対象とした学習支援・プログラムの充実を図っている。

やる気スイッチグループのスクールIEは、上記のような状況を鑑み、公立学校と連携をしながら、これまでにいくつかの自治体と放課後支援の取り組みを行っており、高く評価されてきた。

これまでの取り組み例

  • 瑞穂町立瑞穂第二中学校
  • 東大和市立第三中学校
  • 東大和市立第三小学校
  • 東大和市立第五小学校
  • 愛媛県新居浜市教育委員会
  • 愛媛県新居浜市立 金子小学校
  • 愛媛県新居浜市立 泉川小学校
  • 愛媛県新居浜市立 多喜浜小学校
  • 愛媛県新居浜市立 船木小学校

PCS(学力診断テスト)とは

学力診断テストの結果を入力することで、子どもの現在の学力を細かく分析し「わかっているところ」「わからなくなっているところ」を系統図に反映させ単元ごとの習熟度を可視化できる。

成績が伸び悩んでいる子どもは多くいるが、その原因はさまざまである。講師の教務レベルやカンに頼ることなく、どの学年のどの単元でつまづいているのかを客観的・体系的に把握し、効果的な完全オーダーメイドカリキュラムを作成するためのシステムである。

PCSのポイント「要素分析」

“要素”とは、小単元をさらに細かく分けたもので、つまずきをとらえて指導する際のかたまりのようなものである。
PCSのすべての問題は、問題を解くときに必要な「要素」に分解されている。

大単元、小単元よりも細かな“要素”

単元をより細かな「要素」という単位まで分解・分析することで、つまずきポイントがより詳しく見えるようになる。例えば、「通分」という要素は分数計算の基礎であるだけでなく、

  • 正負の数
  • 文字式
  • 方程式
  • 関数

など多くの単元の問題を解くために必要なポイントである。さらに、通分ができないときに、「倍数」や「約数」、「2ケタのかけ算」や「わり算」、「九九」までさかのぼって診断をし、どの「要素」でつまずいているのかがわかるようになる。なので、特定の要素ができるようになると、複数の単元が改善されることも期待できる。

オーダーメイドテキスト「夢SEED」とは

PCSの結果をもとに、その生徒に必要な問題だけをチョイスした世界に一冊だけのテキストである。
学力も個性も異なる子どもたちが、同じテキストを使用して効果があるだろうか。そんな疑問から生まれたオーダーメイドテキストが「夢SEED」である。一人ひとりの児童・生徒で、得意な単元・苦手な単元は全く異なる。やる気スイッチグループは、児童・生徒の目標達成のために、一人ひとりの性格、学習習慣、現在の学力を、PCS(学力診断テスト)によって正確に把握している。その結果を基に、本当に必要な学習内容だけに的を絞って作成されるのが夢SEED。各単元の設問、問題量、難易度が一人ひとり異なる、世界に一冊だけのオーダーメイドテキスト。生徒・児童のやる気を最大限に引き出し、効果的・効率的な学習を実現する。