ブロックチェーン教育プラットフォームntok、日本人向け “サッカー大会のための外国語オンライン講座”をリリース

ブロックチェーンを活用した分散型教育プラットフォームntokを運営するOOO “Tuted”は日本人向けに“サッカー大会のための外国語オンライン講座”をリリースする。

同講座は通常の外国語講座とは異なり、2018年に開催されるサッカー大会のためにロシアへ訪問することを計画している観光客のために特化した講座になっており、ロシア滞在中に使えるロシアの習慣、歴史、文化などについても学習することができる。同講座は6~7レッスンの短期コースのみで、ロシア語、英語に対応しており、費用は110ドルだ。

【ブロックチェーン活用の分散型教育プラットフォーム】

ntokはブロックチェーンを活用した分散型教育プラットフォームであり、世界初の”才能をトークン化し経験をシェアするエコシステム”である。ntokはこれまでのオフラインのすべての教育を、仲介業者のいないオンラインの世界へ移行させる。従来のオフラインの教育では、先生とレッスンの約束をするだけでなく、特定の時間に特定の場所に行かなければならなかったが、ntokでは生徒は数回のクリックで先生を見つけることができ、地理的制限、時間制限を心配せずにレッスンを受けることができる。

【ブロックチェーンによる信頼性とコストダウン】

さらに先生の評価がブロックチェーン上に構築されており、学生は先生の評価が嘘ではないと確信することができるため、従来のオンラインスクールと比較して、サービスの高い信頼性と信用が担保される。また教室のスペース、営業マン、管理者などの仲介者を入れないことで、これまでレッスン料の過半を占めていたコストを50%~80%削減することができ、生徒はわずかな手数料を払うだけで済む。

現在ntokのサービスはロシア、日本、中国で提供されており、登録している先生の数は直近6か月で5倍以上に増加している。また間もなくイタリアでもサービス開始を予定している。