幼保向け業務効率化システム「キッズプラス」に新料金が登場

株式会社APProgは、2018年5月9日、次世代カラーバーコード「カメレオンコード」を採用した業界初の幼保向け業務効率化システム「kids plus」の新料金を発表した。

また、新料金プランは2018年6月1日から適用となり、大規模の施設においても定額で利用でき、保育業界に特化した新電力「日本子ども応援でんき」への切り替えでさらにお得なプランも用意している。(※1)

(※1)旧料金にて申込み済みのユーザは2019年3月分まで旧料金適用

キッズプラス新料金プラン

 

 

 

 

 

 

 

 

日本子ども応援でんきとは

日本子ども応援でんきとは、日本保育支援株式会社が販売する新電力の業界応援プラン。

電気の質はそのままで、低価格な電気代を実現。また、電気販売の収益の一部を保育業界の様々な団体に寄付・支援を行い、業界の活性化を目指している。

キッズプラスの新料金では、無料版を継承し、有料版は1施設あたりの金額が2,000円から利用することができ「日本子ども応援でんき」とのセットプランは基本料金が6ヶ月間無料で利用できるほか、年間の電気代コストを大幅に削減することができる。

キッズプラスは、連絡帳、お知らせ配信機能、指導計画作成機能、日誌作成機能、ヘルスケア、職員勤怠管理、登降園管理機能、請求管理機能など、ICT化補助金に対応した機能を搭載。利用したい機能ごとに導入が可能なため、パソコンに不慣れな人でも、徐々に機能を追加しシステムに慣れていくことができる。