プランB、米国公立高校への交換留学プログラムを提供開始

株式会社プランBはアメリカで四半世紀以上に渡り国務省認定交換留学プログラムを提供する非営利団体ICESの日本正規代理店として契約を締結した。これにより15歳から18歳の日本の高校生にホームステイ費用込み年間98万円からの交換留学プログラムを提供できることになった。
※対象は15-18才の日本の高校生、アメリカ各州の公立高校に毎年8月/1月から1年または半年間の留学を提供。出願は随時受付。

交換留学プログラム自体は長い間日本国内でも提供されてきた。プランBではより多くの高校生の留学を支援したいとの想いからオペレーションコストを下げ、効率化をはかることにより可能な限り費用を下げ、その一方で渡米後のオリエンテーションやレポーティングなどのケアを含む高品質なプログラムを提供するつもりだ。

またプログラム期間も1年(10ヶ月)以外に半年(5ヶ月)のものを提供し、渡米時期についても8月だけでなく1月を用意している。また渡航先についてもオプションで州や都市の選択も可能。

参加者には一定の成績と英語力、モチベーションなどが求められるが、これについてもアメリカ側スタッフや日本国内の企業と協力し、なるべく早い時期から学習計画を立てて希望者の参加可能性を上げられるよう取り組む姿勢だ。選考についても時期を限定しないなど可能な限り柔軟に対応し高い志を持つ高校生が一人でも多く留学を実現できるようオペレーションをしていく方針だ。

出願は学校や自治体などと協力して行なっていくが個人の相談も受け付けている。問い合わせは下記連絡先まで。