e-Learning Initiative Japan、「第15回 日本e-Learning大賞」の応募受付を開始

eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を積極的に顕彰する『第15回 日本e-Learning大賞』[主催:一般社団法人e-Learning Initiative Japanおよび日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)]の応募要項が公開された。

日本e-Learning大賞は、今年で第15回目を迎える。本大賞では優秀な事例に対し、日本e-Learning大賞の他、優れた部門への部門賞が授与される。毎年、国内外多くの企業や学校が応募しており、受賞の証である大賞のロゴはよい事例を示すシンボルマークとして広く親しまれている。日本e-Learning大賞は優秀な事例に対し、日本e-Learning大賞の他、優れた部門への部門賞を授与する。『第15回 日本e-Learning大賞』は、eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム『eラーニングアワード 2018 フォーラム(2018年11月14~16日)』にて授賞式が開催される。

開催概要

締切

2018年7月31日(火)

募集テーマ

教育現場で活用している“教育ICT活用事例”を広く募集。業務効率や学習効果の向上に寄与する、またはそうした可能性を秘めた将来性のある教育ICTサービス、システム、コンテンツ、ソリューションなど。

主催

  • 日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)
  • 一般社団法人 e-Learning Initiative Japan

審査基準

組織における生産性、メディア活用性、品質保証性、新規性、社会連携性、学習達成評価の6項目について一定の判断基準が設けられ、多面的な審査が行われる。

受賞メリット

  • 賞の授与
    通称:日本e-Learning大賞(eラーニング・オブ・ザ・イヤー)他、各部門賞が授与される。
  • 受賞発表イベント
    eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム『eラーニングアワード 2018 フォーラム(2018年11月14~16日)』にて表彰式を開催。PRの場として最大限活用できる。
  • 受賞トロフィー、ロゴの付与
    日本e-Learning大賞の受賞者にのみ付与するトロフィーとロゴをオフィスなどで掲示することによるイメージアップとともに、受賞ロゴの、サイト・パンフレット等への使用により社会的な認知度UPにつながる。