グローバルキャスト、プログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2018」を開催

株式会社グローバルキャストが、教育事業ブランド「G-VaLEd」主催、名古屋市教育委員会後援にて、小学生・中学生向けのプログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2018」を開催する。

参加応募期間は、2018年5月1日(火)から6月10日(日)まで。7月15日(日)には、愛知県名古屋市(ナディアパーク3F/デザインホール)にて全国大会を開催。

世界と比べて日本の子どもたちはパソコンスキル、論理的思考力の不足や学習意欲、社会参画意識の低さなどが指摘される現状があり、その現状から改善を図ることが必要とされている。また、昨今、2020年教育改革での小学校段階からのプログラミング必修化が告示されるなど、日本国内でもプログラミング教育に注目が集まり、各家庭での習い事としても関心が増えている。「子どもみらいグランプリ」を通じて子どもたち一人ひとりが、自分たちの能力を自ら発見し、磨き、それを通じて子どもたちの想像力・思考力をつかった作品を表現する場を提供し、より多くの「子どもたちの将来の可能性を最大化する」その一助となることを願い、グランプリを開催。「子どもみらいグランプリ」は、2007年から始まり今年で12回目の開催、これまで延べ2万人の子どもたちが参加しており、年々参加者も増えている。

各部門紹介

「子どもみらいグランプリ2018」における一般公募では、本大会の今年のテーマ「世界」に沿った中で、以下それぞれ希望の部門で作品を作成する。

CG-ARTS部門

CG-ARTS部門は、今年のテーマ「世界」に沿ったイラストをペイント、Office(Word/Excel/PowerPoint)各バージョンで作成する部門。1992年に設立された公益財団法人CG-ARTS協会(シージーアーツ協会)が色の使い方や構図や立体感など、CGの観点で優れているかに配慮して作品を選考、最終審査する。

新聞部門

今年のテーマ「世界」に沿ったオリジナル新聞を、Office(Word)各バージョン、新聞作成ソフト「こども新聞編集長」を使用して新聞を作成する部門。

プログラミング部門

今年のテーマ「世界」に沿って、 MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用してプログラミング作品を作成する部門。

一般公募における応募要項

  • 募集内容
    大会テーマ:世界
    テーマに沿ったイラスト作成、新聞作成、プログラミング表現
    ※構成、制作共にオリジナル作品であること。※同一部門の複数応募は不可
  • 入賞
    各部門小学生3名、中学生3名
    CG-ARTS部門 CG-ARTS 賞
    新聞部門、プログラミング部門 名古屋市教育委員会賞
  • 応募期間
    2018年5月1日(火)~2018年6月10日(日)まで
  • 応募作品形式
    サイト一般公募の各部門説明にて(http://www.aviva-kids.com/mirai-grandprix2018/)
  • 応募方法 エントリーフォームから応募
  • 応募資格
    小学生、中学生の方なら誰でも参加可能(2018年4月1日時点で小学校、中学校に在籍している方)
    同一部門の複数応募は不可(参加部門の制限なし)インターネット、電子メールを使用して文書のやりとりを行える方。個別応募(団体での応募は受付不可)
  • 受賞者へのお知らせ
    2018年6月30日(土)※入賞者の方にはメール又は電話にて連絡。

プログラミング学習サービス一覧

オンラインプログラミング学習サービス

通学型プログラミングスクール

子ども向けプログラミングスクール