角川ドワンゴ学園「N高等学校」、NPO法人ReBitとLGBT支援で業務提携

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、特定非営利活動法人ReBitと業務提携することを決定した。

今後両者は、研修等を通じてLGBT※1への理解促進に取り組み、LGBTの生徒の支援体制構築、LGBTの教職員に向けた職場環境の改善を行う予定だ。

LGBTの人々が自らのセクシュアリティを自覚する時期は小学生から高校生までの学齢期が多いと考えられており、性同一性障害の人の場合、中学生までの時点で性別違和を感じた割合は89.7%※2との調査もある。また、日本においては、人口に占めるLGBTの割合は7.6%※3との調査もあり、40人のクラスに置き換えれば約3人程度がLGBTとも考えられている。

一方で、LGBTの人々を取り巻く環境を見ると、周囲の理解は不足しており、いじめや暴力を経験したLGBTは68%※4、性同一性障害の人においては、58.6%が自殺念慮を抱いたことがある※2という深刻な事態を招いている。また、特に自殺念慮を抱く第一ピークは思春期である小学校高学年~高校の頃とされている。

ReBitの調査によれば、LGBTに関して適切な教育を受けられなかった高校生は約9割にものぼり、教育段階においてLGBTについて正しい知識を得る機会がない実態が明らかになっている。グローバル化の進展によって人材の多様性が重視されつつある昨今、教育段階におけるLGBTへの理解や社会的マイノリティを受け入れるダイバーシティ&インクルージョンの考え方を正しく理解し体感する機会の創出が不可欠となっている。

多種多様な個性を尊重するN高では、こういった現状を踏まえ、生徒たちの学ぶ環境と教職員の働く環境の両面からLGBTの理解促進と支援体制構築に向き合い、一人一人が自分らしくある場所の創出に尽力している。

※1…LGBTとは、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(生まれたときのからだの性をもとに割り当てられた性と、自認する性が異なる人)の頭文字を合わせた言葉。性的マイノリティの総称としても使われる。

※2…出典:中塚幹也(2010)「学校保健における性同一性障害:学校と医療の連携」『日本医事新報』4521:60-64

※3…出典:電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」

※4…出典:いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 平成25年度東京都地域 自殺対策緊急強化補助事業「LGBTの学校生活に関する実態調査(2013)」