成蹊大学が大学改革プランを推進 ー2020年度に経営学部新設、経済学部改組、グローバル教育プログラム開設を構想

成蹊大学は、複雑化と多様化が進む社会に対応した人材の育成に向け、大学改革プランを推進している。2020年度に既存の経済学部を発展的に改組し、経営学部の新設と経済学部の改編を構想。また、学部横断型のグローバル教育プログラムの開設も構想している。

【ポイント】

  1. 経営学部の新設
  2. 経済学部の改編
  3. 学部横断型のグローバル教育プログラム「EAGLE」(仮称)を開設

【概要】

  1. 経営学部の新設について
    1学科「総合経営学科」(仮称)で構成。授与される学位は、学士(経営学)。総合マネジメント能力を育成するために、総合科学としての経営学を探究する学科。
  2. 経済学部の改編について
    以下2学科で構成。授与される学位は、両学科とも学士(経済学)。
    ・「経済数理学科」(仮称):経済分析のスペシャリストを育成するために、数理モデル分析やデータ解析を中心とした〈世界標準〉の経済学を学ぶ学科。
    ・「経済デザイン学科」(仮称):現代社会で求められる課題解決力を養成するために、多元的視座から経済学を学び、フィールドワークやケーススタディを通じて実践していく学科。       現在の経済学部経済経営学科(一学科制)を、経営学部(一学科制)と新しい経済学部(二学科制)の 2 学部 3 学科へと発展的に改組を行い、それぞれの専門性をより高め、これからの社会や企業のニーズに応える人材を育成していく。
  3. 学部横断型のグローバル教育プログラム「EAGLE」(仮称)の開設について
    全学的なグローバル教育プログラム「EAGLE (Education for Academic and Global Learners in English)」(仮称)を開設。プログラムの特徴は以下の通り。・プログラムへの参加が許可された英語力の高い学生のみが、各学部学科に所属しながら、少人数の授業
    でグローバルに学ぶ学部横断型の特別なプログラム。
    ・1年次には英国ケンブリッジ大学への短期留学を、更に2年次から3年次には中・長期留学を組み入れる。
    ・本プログラムの開設に伴い「グローバル入試」(仮称)を実施。
    ・国際学生寮を拡充。成蹊大学はこれまでも、留学システムの充実や学内における「成蹊国際コース」の設置など、国際教育における様々な取り組みを行ってきたが、これらを総合的に発展させ、国際的に活躍できる人材、企業の国際化を牽引できる人材を育成していく。