プロキッズ、プログラミング作品登録・共有サイト「paddle」を無料公開

プロキッズがプログラミング作品登録・共有サイト「paddle(パドル)」をリリースした。

「paddle」は、自分の作品だけでなく他人が投稿した作品までもすべて無料で閲覧することができるサービスで、2018年8月「Maker Faire Tokyo 2018」の「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」とコラボも予定している。

子ども向けプログラミングを手がける、株式会社プロキッズは、プログラミング作品の登録・共有サイト「paddle(パドル)」を無料公開した。背景としては、2020年の小学校でのプログラミング必修化に先立ち、子ども達がプログラミングに触れる機会が増えてくる中、「周りでプログラミングをする友達はまだ少ない」「プログラミングで作品を作っても遊んでもらう機会がない」という声があったからだ。そこで、多くの子ども達がプログラミングを続けていくための受け皿として「paddle」の開発が行われた。

paddleとは?

Scratch、micro:bitといった電子工作やWebサイトなど、プログラミングした作品を誰でも無料で登録・共有できるサービス。

「この作品、おもしろいなぁ」
「もっと改良してみようかな」
自分の作品をコレクションしたり、次はどんな作品を作ろうか調べたりすることもできる。

<主な機能>
1.自分のプログラミング作品を残す

プログラミングした作品を記録として簡単に残すことができる。登録した作品は「自分の作品」としてどんどんコレクションされる。

2.他人が投稿した作品をみる

みんなが登録したプログラミング作品は、すべてみることができる。またプログラミング作品にリンクがあれば、直接遊ぶこともできる。

■「 micro:bitでつくってみよう!コンテスト」(※1)開催

microbitを使った腕輪作品の例

株式会社スイッチエデュケーション、株式会社オライリー・ジャパンと共に、イギリスで人気のSTEM教育用マイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使った「 micro:bitでつくってみよう!コンテスト」を開催する。

作品の応募は、2018年4月27日~6月10日にかけて「paddle」サイトより受付可。入賞作品は2018年8月4日・5日に東京ビッグサイトで開催の「Maker Faire Tokyo 2018」にて授賞式、および作品展示を予定している。

プロキッズでは子どもの未来に寄り添う会社として、ありそうでなかった体験を創出することで、親子、そして地域社会も巻き込んだITに触れる機会をつくり、学びの好奇心を育むサービスを今後も提供していく。

※1 「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」詳細
・募集期間:2018年4月27日(金)~6月10日(日)
・応募方法:「paddle」( https://paddle.prokids.jp )より作品受付
・募集部門:Kids&Familly部門(小学生以下の子供+大人 )/Young Maker部門(中学生~18歳未満)/ 一般部門(年齢不問)
・表彰:「Maker Faire Tokyo 2018」にて授賞式、および作品展示を予定(2018年8月4日(土)・5日(日)東京ビッグサイト)

プログラミング学習サービス一覧

オンラインプログラミング学習サービス

通学型プログラミングスクール

子ども向けプログラミングスクール