ハッシャダイ、日本初のVRプログラミング学習システム「VR PROGRAMMING」を発表 非大卒向けIT教育コースにて導入予定

非大卒の若年層向け就業支援を行う株式会社ハッシャダイは3ヶ月間の研修でプログラミングと社会人マナーを学び、エンジニアとして就職できるYankee.Hackerコース向けに、VRを使用したプログラミング学習システムの開発・導入を決定した。

導入の背景

2018年2月からスタートしたIT学習コース『Yankee.Hacker』への参加希望者は現在述べ150名にのぼり、既に内50名が参加。未経験から3ヶ月間でエンジニアとして成長し、多くの企業から内定をもらう者も出てきているという。

全くの未経験の状態から、はじめてパソコンに触れ、英語の羅列されたテキストを眺めるという、彼ら彼女らにとってため息の漏れるような状況ではあるが、これまで提携企業のサービスを用いることによって学習を行なってきた。

しかし、もっと彼らがワクワクして学習に望めるような方法はないかと、生徒と意見交換を繰り返すなかで、学習を行う画面がPCの画面サイズに制限されてしまうことに課題を感じ、もっと自由に可能性の広がるような学習を行なって欲しいと考え、ハッシャダイのスローガン『可能性と闘え』をヤンキーインターン、ハッシャダイ全体で体現するべく今回のプロジェクト始動に至った。

VR PROGRAMMINGについて

最新のVR技術を用いた仮想空間内にてプログラミング学習を行なってもらう。スクリーンは自由に好きなだけ立ち上げられ、思考や発想の制限なく自分の世界を創り上げながらプログラミングを学んでいくことができる。

目の前の画面にコードを打ち込むと、空間上に形として成果物が現れ、リフレッシュしたい時は、右を向くと、穏やかな海が。左を向くと、青々とした木々が。空を見ると、無限に広がる宇宙が。

創造物を手に取るように感じながら、未来的な空間の中で自分だけの世界を創り上げていく。

また、中国北京の学校で行われた実験では、VRを用いた授業の方が15~27%の割合で生徒の理解度および知識の定着率が向上し、学習意欲も高まるという結果が出ている。

導入時期について

現在、ハッシャダイCTO 横関を中心としてyankee.hacker生徒との意見交換を基に、改善を繰り返しながら、未経験の誰でもワクワクしながら継続的に学習できるシステムへの最適化を目指しながら開発し、2018~2019年内の完成・正式導入を目指している。導入後はプログラミング教育事業者や一般の方にも利用してもらえるように、提供していく方針だ。

 

プログラミング学習サービス一覧

オンラインプログラミング学習サービス

通学型プログラミングスクール

子ども向けプログラミングスクール